山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

サウンドに拘る?それとも使い易さ?

良い音楽を持ち歩こう

進化したBluetooth

イヤホン今日の話題は

Bluetoothイヤホンの話。

もう最近はノイズキャンセラー機能の付いた

イヤホンじゃなきゃ聴きたくないくらいの

影響力がある「ノイキャン」

電車の中、勉強や自宅でのリラックスタイム

などで、現実社会の雑音から解き放ってくれる

夢のアイテムです。

f:id:hiro9332:20210903144633j:plain

仕組み

昔は密閉型の大きなヘッドホンで遮音してました.

これは物理的に遮音壁を設けることで

外部音の流入を防ぐものです。

(パッシブ・ノイズキャンセリング)

一方で最近では電子的に逆相の音を作り出し

相殺(打ち消し合う)する方式が増えてます。

(アクティブ・ノイズキャンセリング)

強力に騒音を打ち消す一方、外部音をワンクリックで

取り込む事ができるモードもあり、

安全性にも配慮された製品が多いです。

難点は非常に高額になる事。

相場としては2万円台から3万円台がベストセラーモデル帯です。

ソニーを聴いてみた

今までAirPodsだけを使ってきましたが、

ここらでもう一つ購入しようと

思って探していましたが、

現在のワイヤレスイヤホン

ではApple、Bose、ソニーの3巨頭であり

これ以外で選ぶのもどうなんだろうと思い

評判の良いソニーにしてみました。

WF-1000XM4という機種でソニーの中では

フラッグシップモデルな存在です。

音質はなかなか評判が良いですが、

AirPodsProと比較して

手軽さ・繋がりやすさ・接続ミスの有無など

どうなのかを比べてみました。

f:id:hiro9332:20210903144922j:plain
f:id:hiro9332:20210903144626j:plain
使い慣れたAirPodsPro(左)方や一方はSONYのWF-1000XM4(右)

まずは両社の外見の違い

WF‐1000XM4

重さ

イヤホン7.3g×2

ケース41g

価格33,000円(税込み)

 

AirPodsPro

イヤホン 5.4g×2

ケース 45.6g

価格30,580円(税込み)

 

機能上の違い

コーデック

WF‐1000XM4

SBC, AAC, LDAC

充電時間 1.5時間

音楽再生時間 最大8時間(NCオン) / 最大12時間(NCオフ)

AirPodsPro

SBG, AAC

充電時間 ケース4時間 本体1時間

音楽再生時間 4.5時間(NCオン) 5時間(NCオフ)

 

f:id:hiro9332:20210903220018j:plain

第一印象

実際聞いてみた音の感想。

この2種は完全に用途が違う気がします。

AirPods Proの方がカジュアル感があって

着け心地も軽い。

実際出音も若干軽いが悪い音ではない。

一方、WF-1000XM4は

重厚で厚みがあり高音の伸びが良い。

部屋の中で落ち着いて聴くのはこっちが良い。

Air Podsより1ランク上の音質に感じた。

特にハイレゾ再生はソニーの独壇場であり

試しに再生してみましたが圧倒的クオリティです。

f:id:hiro9332:20210903214901j:plain

室内での感想は以上ですが、屋外ではどうでしょうか?

 

屋外での音、ノイキャン、使用感

ノイズキャンセラーについては

互角な感じですが、どうもWF-1000XM4

のイヤーチップの相性が悪いのかサイズを変えても

しっくりきません。

意外に音漏れしている感じです。

 

行動中の装着感ですが、

AirPodsProの方が着けた感じは良い。

WF-1000XM4はイヤーチップが合ってないのと、

大柄なのでバランスの悪さを感じます。

それと気になったのは、接点が皮膚に近く

そのうち接点不良を起こすのでは?

と心配になります。AirPodsは下へ軸が伸びているため

手で触ることは滅多に無いと思われます。

WF-1000XM4の形状の嫌いな所は、ポジショニングを

決める際に本体を手で触れると勝手にモードが変わってしまう事。

AirPodsは不意に触ってしまってもそのような事は皆無です。

どちらにしてもクリックの感じはAirPodsProの方が操作しやすい。

 

これは設定で何とかなるかもしれませんが、

WF-1000XM4は、

最初のスタート時、わざわざアプリを立ち上げ再生ボタン

をクリックしないと再生が始まらない事。

AirPodsProはしっかりスポティファイの再生が始まります。

その他

AirPodsの最大の欠点は電源。

再生時間も比較的短い事もありますし、

何よりライトニング端子なのがダメ。

ちなみにWF-1000XM4はUSB-C端子です。

ワイヤレス充電はどちらも〇

結論

毎日の通勤などにはAirPods Proが

向いている感じ。

結局、

家ではWF-1000XM4が最高で

街ではAirPodsが最高という

結論になりました。

 

ソニー ワイヤレスノイズキャンセリングイヤホン WF-1000XM4 : 完全ワイヤレス/Amazon Alexa搭載/Bluetooth/LDAC対応/ハイレゾ相当 最大8時間連続再生/高精度通話品質/IPX4防滴性能/ ワイヤレス充電対応/2021年モデル / マイク付き 360 Reality Audio認定モデル ブラック WF-1000XM4 BM

Apple AirPods Pro