スピーカーを安価にアップデート

スポンサーリンク

パソコンのサイドに置くスピーカーにプラス。

パソコン用のスピーカーとしてよく使われる

アクティブスピーカー。

アンプ内蔵で使いやすいのですが、最近ではBluetooth

に代表される無線式が主流。

ミニピン入力端子しかないアナログSPの

アップグレードする場合どうしますか?

f:id:hiro9332:20220205224830j:plain

アナログ接続の良さ

まず、有線で接続するアナログタイプは

配線による伝送劣化は有るものの

Bluetoothなどの無線式のような

不安定さや接続エラーは起こりません、

そんなメリットがあるアナログ接続。

パソコンとスピーカーの間にヘッドホンアンプ

を繋ぎ、PCのアナログ出力を使わずに

外付けDACを介して繋ぐのがアップグレードの基本です。

DACとは

アナログ信号をデジタル信号へ変換する

または、その逆を行う回路の事ですが、

これによって音質には大きな違いが出てきます。

Mac miniやiPhoneなどのオンボードチップ

を経由したヘッドホン端子よりも

専用DACを経由した方が音は良くなります。

また、ノイズ対策としても有利です。

手持ちのアクティブスピーカーで試す

今回はヤマハのアクティブスピーカー

をアップデートしましょう。

NX-50というスピーカーで、

基本仕様は以下の通りです。

  • メーカー型番 : NX-50S
  • 実用最大出力 : 7W+7W(6Ω 1kHz 10% THD)
  • スピーカーユニット : 7cmフルレンジ(非防磁)
  • 音声入力端子 : 2系統 (アナログ2)
  • 出力端子 : ヘッドホン1系統(ミニジャック)
  • 消費電力 : 13W(待機時0.5W以下)
  • 外形寸法(幅×高さ×奥行き) : 83W×184H×184D mm

このスピーカーは3.5mmステレオミニジャック

入力のみです。

BluetoothもUSBもRCA端子も有りません。

PC本体のヘッドホン端子に接続すれば、

すぐに使用できる手軽さです。

今回は中間にUSB接続のDACアンプを介してみました。

どれだけ変化があるのか試してみたいと思います。

このスピーカーの特性

まずこのスピーカー標準の音を聴く

このスピーカーはフラットな音がします。

低音域も昨今のBluetoothスピーカーにあるような、

不自然な重低音感は無く、非常にシンプルな音。

人によっては物足りなく感じるかもしれませんが、

インストルメンタル曲には非常に合う音質に感じました。

最近のレビューの傾向だと「特徴が無い」

とレッテルを貼り付けられそうな感じです。

DACを繋いでみる。

中間に繋ぐヘッドホンアンプは

KGUSSというメーカーのESS9018K2M 。

比較的安価な入門用DACですが、

ハイレゾにも対応したCPの良い商品です。

入出力はPC-USBと光が入力、

RCAとヘッドホン端子2系統が出力です。

f:id:hiro9332:20220205231250j:plain
f:id:hiro9332:20220205231303j:plain

KGUSS USB DAC ヘッドホンアンプ 光 同軸 RCA 24Bit 192KHz DAコンバーター & ヘッドホンアンプ 一体型 「ESS9018K2M」内蔵 ハイレゾ対応 デコーダー 多機能 ヘッドホン アンプ (シルバー)

ケーブルを変えてみる。

とりあえず付属のケーブルと手持ちのRCAーミニ端子用の

ケーブルを繋ぐ。

アナログはケーブルの質で結構左右されると言われますが、

ある程度のクオリティのものを選べば問題はありません。

USBケーブルも音楽用のもので極力短いものを選べば良いでしょう。

聴き比べてみた

f:id:hiro9332:20220206103534j:plain

再生ソフトは「Audirvana STUDIO」

統合型音楽プレーヤーですがDACの性能を引き出す

フランス産の高音質再生ソフトです。

audirvana.com

ハイレゾもレベルが上がりました。

より繊細によりクリアに向上。

音にブーストが掛かったおかげでSPのポテンシャルが

十分発揮されています。

音の貧弱さは感じられません。

音の解像感がアップしています。

なんか最近聴いてきたBluetoothスピーカー

より断然自分好みの音に仕上がった感じです。

もし手元にアナログなスピーカーがある人は

アップグレードをしてみてはいかがでしょうか。

f:id:hiro9332:20220206140439j:plain

 

コメント