飛騨高山へ

大人の旅・上質な旅景色
スポンサーリンク
スポンサーリンク

飛騨高山へ

正月早々訳あって高山へ行くことに。

急遽、飛騨へお出掛けになった。

本当は家でのんびり過ごしたいと思っていたので

遠慮したいところですがこればかりは仕方ない。

名古屋からは2時間半、

駅を降りると観光客の姿はあまり多くなく静かな駅前です。

相変わらず冬の飛騨は空もドンヨリ。

小雪は舞っていたが、積雪もそれほどでも無かった

そんな落ち着いた冬の1日

高山駅

本当はどうせならキハ85勇退前に大阪ひだへ乗ってみたい

願望があったのですがなかなかスケジュールが合いませんね。

今度の連休に行けたら行ってみたい

岐阜県高山市とは

ここで高山の良さを少し語りましょう。

高山はもともと飛騨国の中心都市で

深い山間に僅かな盆地地帯に広がる街。

面積 2,178 km²に人口は僅か8万8千人。

人口密度は37人/1kmと低い

ほとんどが観光産業の上に成り立ってる地域です

耕地が少く、山林が90%以上という事で、

農業よりも林業が盛んな土地です。

飛騨の家具や彫物など木工製品が有名です。

(写真下)高山駅構内の様子

ちとせで昼食

お馴染み「ちとせ」で焼きそばを食べる。

場所は国分寺通の駅側にあります。

上の写真は「玉子入り焼きそば」普通盛です。

このボリュームで580円とリーズナブル。

学生時代は大盛りが行けたけど、今は普通で十分になりました。

テレビで紹介された関係か、行列が出来てます。

市内を歩いて

市内の歩道上は積雪が以外に少なくて

歩きやすいが、

気温が高いのか、雪質は重い湿った雪でした。

その後、飛騨古川へ移動。

用事がてら街中を歩く。

この景色なんだか懐かしいな。

子供の頃、親戚の叔母さんに連れられて

ドリフの映画を観に行った記憶がある。

その映画館は今は無いけど、当時ここにあった。

その後、高山市内に移ったけど

その映画館も廃館となり

いま、飛騨には映画館は無い。

帰路は懐かしいキハ75系

帰りは久しぶりに従来車。

最近は新型車(HC85)ばかりだったので逆に新鮮。

ひだ16号名古屋行きとひだ36号大阪行きの併結列車です。

この列車も3月には一新される予定。

コメント