PR

USB-Cで統一しよう

最近ではほぼUSB-Cで統一されつつあるインターフェースの規格。

しかし新旧いろいろな機器を使っているとどうしても

混在してしまう。

特に安い機器や安物家電などでは未だにmicroUSBだったりもする。

とは言え最近ではiPhoneもタイプCへ移行しましたし、ipadも一部を除き

タイプC仕様となっています。

完全統一まではあと少し。

旧型レッツノート

一番苦労するのが「旧機種使い」の人間。

旧型レッツノートなどはUSB-C未搭載のもの多くありますし、

それによって充電の悩みが出てきます。

そんな充電は「トリガーケーブル」を使ってます。(自己責任にはなりますが)

また、データーのやり取りはBluetoothで十分ですし、

USBメモリーは「タイプA/C兼用」、

これでバッチリです。

下手な変換アダプターやケーブルより信頼性はあります。

旧アップル製品

で、自分の使う機器の中でC以外のものといえば「AirPodsPro」と「iPad」。

このためだけにライトニングケーブルを持ち歩くのは面倒です。

とは言え、何泊かで外出する場合は必須アイテム。

そんな時にコンパクトで軽量な

アイテムがあります。

いわゆるワイヤレス充電器。

これが中々使い勝手がいい。

元々はApplewatch用に買ったんですが、AirPodsProの充電もできます。

(ケースは外してください)

この充電器はバッテリー内蔵で、その充電はUSB-Cとなってます。


LVFAN Apple Watch用 充電器 1400mAh モバイルバッテリー アップルウォッチ用 充電器 ポータブルバッテリー ワイヤレス 急速充電 軽量 コンパクト タイプc 充電ケーブル付き Apple Watch Series 9 8 7 6 5 4 3 2 1 SE SE2 Ultra Ultra2対応 ブラック

携帯性重視

いまや何種類もケーブルを持ち歩くのは無駄に感じます。

特に極性(差し込む向き)が決まっているコネクタ)はウザく感じます。

まさに旧型規格はそう。

ですので形状だけに絞ってみても、多種多様な規格が混在したUSBが統一されていくのは

自然な流れでしよう。

コメント

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial