山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

スマート化計画(デスクの足元編)

f:id:hiro9332:20210914202526p:plain

前回の続き

前回デスクトップの充電環境改善をしました。

でも実際使ってみると不備もありました。

一番ネックはMicro USB!

この絶滅危惧種の扱いがいつも困る。

出来たらUSB-Cで統一したいのに・・・

AタイプとLightningだけでも鬱陶しいのに。

仕方ないのでベットサイドの充電器

(就寝時のスマホ鑑賞用)で我慢する事とし

次は100vの電源タップ周りの整線です。

 

クシャクシャな100v電源周り

100v電源のコンセントは接続する機器によって

アダプターのサイズやケーブルの太さ、色など

本当にマチマチでカッコ悪い物です。

今回はここを目隠し板で覆ってしまう予定です。

f:id:hiro9332:20210914174017j:plain

部材調達

とりあえず切断などしなくてもドライバーだけで

完成するように定尺物で揃えました。

全てserialで購入。

f:id:hiro9332:20210914174032j:plain

L型の金物で棚を作りました。

板幅は300mm、L=600mm

この上にタップ類を置く想定です。

f:id:hiro9332:20210914174036j:plain

収めてみる

やや手狭ですが、何とか収まりそう。

ここを隠す目隠し板ですが、

固定してしまうと管理もできないし

増設時に大変なので、はめる式に

しました。

f:id:hiro9332:20210914174108j:plain

幅10mm×長さ600mmの板を上下2枚で挟んで固定。

ビス等の固定はせず外せる状態にします。

差し込む側の板厚15mmに合わせて開ける。

固定は木工用ボンドで接着のみ

f:id:hiro9332:20210914174055j:plain

目隠し板をはめた所

単純な作りですが、なんとか完成。

まぁ余程外れる事は無いと思います。

見た目もスッキリしましたね。

f:id:hiro9332:20210914174348j:plain

注意点は配線やタップを

完全固定しないでください。

理由は電気工事士の資格が必要だからです。

仮固定で外せる状態にしましょう。

 

ちなみに私は趣味で取得した

電気工事士資格が、

ようやく役に立ちました。

 

自分のデスクに合わせて色々やり方はありますので

皆さんも挑戦してみてください。

yama-to-seikathu.info