山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

Appleでもっとヘルスケア

日々の健康管理に

f:id:hiro9332:20210815103002j:plain

先日も書きましたが

私のように中高年域に入ると

体にも変調をきたしたりする事があります。

Apple Watchの購入動機にはヘルスケアのため

と言う人は多いと思います。

私は購入時、そこまで重要視してなかったんですが、

こんなに活躍するとは想定していませんでした。

yama-to-seikathu.info

活用方法

私はこれをモニタリングと記録ツールとして

活用しています。

以前の記事でも書きましたが、 

私は血圧が高く、しかも朝だけ高い傾向がありました。

そして入院検査したところ、睡眠時無呼吸症候群

と言う結果でしたが、その時の血中酸素濃度と言うのが

80台まで下がっていました。

これは呼吸が一定時間止まる為、酸素が不足する訳です。

その数値というのはApple Watchのデータとも合致していました。

自宅にはパルスオキシメーターはあるのですが、

これともほぼ近いです。

血中酸素濃度と言うのは刻々と変動するため

安静時に取る必要はありますが、

常に測定装置が腕にあると言うのはすごい安心感です。

yama-to-seikathu.info

私が日々Apple Watchで行っている

ヘルスケアメニューは

毎日の血圧の記録

夜間の血中酸素濃度の確認

心拍数のチェック

オートスリープによる睡眠状態チェック

心電図の測定

日本では正式な医療機器では無いので

参考値にしかなりませんが

受診をする上での判断材料としては

説得力はあります。

f:id:hiro9332:20210815101345j:plain
f:id:hiro9332:20210815101402p:plain

 Auto Sleep

オートスリープは睡眠の質を測定してくれるアプリです。

時間と質で快眠具合を判断してくれます。

 

f:id:hiro9332:20210815101246j:plain

この睡眠の質ですが

心拍変動と酸素飽和度から判断しています。

このアプリも結構当たっていると実感していて,

悪い結果の時はやはり日中のパフォーマンスが

下がります。

このアプリには信頼を寄せています。

 

単体のスマートウォッチではできない芸当

Apple製品の良さが一番発揮されるのが

連携性です。

普段意識する事なくデーターを収集し

iPhoneで分析。

ほぼApple Watch側で操作する事なく

iPhoneで完結します。

これはゴールデンコンビです。

 

 

最新 Apple Watch Series 6(GPSモデル)- 40mmスペースグレイアルミニウムケースとブラックスポーツバンド