山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

使ってわかった血中酸素ウェルネスの事

Apple Watchを活用してますか?

f:id:hiro9332:20210526174300j:plain

発売時、あらゆるApple系YouTuberなどが

取り上げたこの機能。

皆さん活用してますか?

私の場合、ヘルスケアの測定も

以前のように頻度高く実行し無くなっていました。

睡眠中も装着してますが、

よほど気分が優れない時以外はデーターを

見なくなってきました。

 何事も無い時はこんなものかもしれません。

意識変化した出来事

ところが、

そんな意識を変える出来事がありました。

私はどうも血圧が高く、毎日朝夕と測定して

いるのですが、どうも朝だけ高い。

それと朝は非常に目覚めが悪く、

日中も眠気が襲ったり

倦怠感が残り、仕事にも支障が出そうでしたので、

病院で診察を受けました。

その結果、一晩測定器を装着して睡眠をモニタリングすることに。

当然この機器は医療用のものですので

結構大掛かりです。

 

そしてその結果が昨日出ました。

診断内容としては

睡眠時無呼吸症候群の疑いが強い事、

一晩で30回の呼吸停止状態がある事、

その結果、血中酸素量が減り、濃度が84%にまで落ちている事。

睡眠に問題があることをグラフで示されながら説明受けました。

 その時、気が付いたのは

Apple Watchの測定結果です。

毎日装着し寝てますので、

測定値はiPhoneに記録されています。

それと比較すると

血中酸素濃度については近い数値です。

先生曰く濃度が安定してないのは

呼吸に問題があるので酸素が取り込まれないから

と言うことらしい。

日頃、Apple Watchのデーターは

誤差が大きいと考えてました。

ネット上のレビューなどでも

異常な数値が出たりして、

これは誤差か装着が悪いから

と説明される方もいました。

ところが私の場合は、本当にこの数値だったので

驚きました。

もう一つは睡眠状態のモニタリングです。

ここ最近、測定結果の快適度が低く

星一つか二つ。

こんな日は日中も調子が出ません。

これらも前記の病気とリンクしていると思われますが、

明らかに数値に出ているんです。

初めてApple Watchは信用に足るアイテムであると確信しました。

少し迷いのあったApple Watch購入ですが、

自分の健康のサポートになれば、無駄では無い買い物ですね。

 

yama-to-seikathu.info