米原駅ってどんなところ?

スポンサーリンク
大人の旅・上質な旅景色

米原駅ってどんなところ?

滋賀県の米原市に来てます。

ここは東海地方と関西地方・北陸地方の境界主要駅。

名前はよく聞く駅ではありますが、

実際行ってみると何もない街で、乗り継ぎ駅としての

イメージが強い。

そんな米原の駅周辺をご紹介。

f:id:hiro9332:20220323161611j:plain

f:id:hiro9332:20220323165622p:plain

相変わらず駅周辺は殺風景です。

飲食店も数少なく離れているので、

乗継の合間に「ちょっと寄って食事」という事は大変です。

今の時代なかなか無い。

滋賀県唯一の新幹線の駅ですし、乗換え駅なので乗降人数は

多いかもしれませんが、

この街で降車する人は僅かです。

駅前はタクシーとレンタカーと広い駐車場、

そして数軒のホテルのみ。

コンビニは改札内にはあるのですが、

駅周辺は少し離れた場所になります。

岐阜羽島より凄いです。

f:id:hiro9332:20220323111722j:plain
f:id:hiro9332:20220323111145j:plain
駅の東口の様子。喫茶店は1件で何回か入った事がある

f:id:hiro9332:20220323111137j:plain

西口の状況。ホテルが少々、寂しい駅前

そんな駅周辺ですが、

乗り換えの合間に昼食をサッと取りたい方へ。

駅西口に1件だけ食べるスペースがあります。

このあたりのお弁当の製造販売をしている「井筒屋」さんです。

そば・うどんと店内謹製の駅弁を食べられるスペースがあり、

駅西口を出て直ぐにあり便利。

実はかつては米原駅在来線ホームに人気の立ち食いそば屋がありました。

乗客の激減とともに、2020年に惜しまれつつ閉店しました。

ここへ来るとその蕎麦も座ってゆっくり食べられます。
f:id:hiro9332:20220323111059j:image

お昼時、店内は誰もいなかったが

お店の方が「ごゆっくりしていってください」と優しいお言葉。

早速このお店の駅弁を頂く。

f:id:hiro9332:20220323111035j:plain

店内は清潔感があっていい感じ
f:id:hiro9332:20220323111141j:plain
f:id:hiro9332:20220323111149j:plain
f:id:hiro9332:20220323111049j:plain
素朴な味わいで、私の好み。おこわと鴨肉のローストは旨かった

JR東海は休日を除き名古屋からの直通運転は

少ないが、

琵琶湖線は敦賀方面からの列車や

当駅始発の列車で頻繁に入線してくる。

発着メロディーを聴くと関西に来た感が強い。

f:id:hiro9332:20220323111046j:image
f:id:hiro9332:20220323111043j:image

米原で4両増結し、12両編成で琵琶湖線・京都線・神戸線経由で

姫路や網干・播州赤穂まで駆け抜ける。

JR東海も浜松発米原行きとかあれば便利かな。

というか昔のように大垣発の網干行きの復活も希望
f:id:hiro9332:20220323111107j:image

f:id:hiro9332:20220323111129j:plain

行きは特急しらさぎ、帰りはこだまで名古屋へ帰りました。

そういえば青春18きっぷがあと2回分残ってるので、

これを使って嫁と彦根へ行く予定です。

石田三成の居城と井伊直政の居城である、

佐和山城址と彦根城を見てこようかな。

結構楽しい東海道線と琵琶湖線の旅です。

コメント