サンライズ出雲に乗りたい

スポンサーリンク
大人の旅・上質な旅景色

人生の意義を考える旅

旅がしたいなぁ・・・

そんな欲求にかられる3

実は今月は大きな自分へのご褒美を用意しました。

それは日本唯一の定期寝台特急「サンライズ出雲」への乗車です。

私が若かりし頃に乗った経験がある寝台特急は

「はやぶさ(A個室)」と「北陸(ソロ)」。

大人になって乗ってみようと思った頃には

続々と廃止になっていきました。

予定してたが台風で運休もあったりして、

機会を逸した所もあります。

末期はチケットも取りやすかったのですが、

何せ車両の老朽化は顕著で、

鉄道好きな方なら「国鉄」っぽい車内は

嬉しいのかも知れませんが、

一般のお客さんからしたら割高感があったのでしょう。

憧れの電車で出雲へ 

f:id:hiro9332:20220228172817j:plain

時は流れて2022年、

来年はどうなるかわからないこの不安定なご時世。

この年代になるとなかなか休みも取りにくいのですが、

自分の夢を今一度ということで

予約にチャレンジしてみました。

鉄道系ユーチューバーさんなどは簡単に乗っているイメージがありますが、

仕事がある中、1か月前の午前10時に駅へ行くのも難しいのではないでしょうか。

また普段、鉄道とか馴染みのない人には「どうやったらチケット買えるのか?」

分からない事もあると思いますので、ご参考に。

まずは列車の紹介

「サンライズ出雲」は現存する唯一の定期寝台列車。

寝台タイプはA寝台とB寝台、そして普通車にあたる

「ノビノビ座席」があります。

f:id:hiro9332:20220228173750j:plain
f:id:hiro9332:20220228174126j:plain

東京を出発する時は、サンライズ瀬戸も連結し

14両の長大編成となってカッコイイ走行姿です。

電車王国「東京」の中にあっても通勤客の目を引く存在です。

編成は以下の通り

見ての通り個室の数は少ない訳です。

この表では東京出発時の2列車連結の図で、

A寝台のシングルは11号車(下り)の2階部分のみ、

1編成に6部屋しかない事になります。

本当に狭き門ですね。

f:id:hiro9332:20220228175251j:plain

f:id:hiro9332:20220228170952j:plain

名古屋飛ばし

注意点は、

この列車は定期便、臨時便(季節運行)共に

全て愛知県には止まりません。

定期便の場合、

浜松(下り)静岡(上り)が

名古屋から近い東海エリアでの停車駅で、

臨時便は東京・横浜・大阪と停車し

東海地区は停車しません。

ですので乗車も大変なのですが、

今回の計画では

一回、東京まで行って

始発から終点まで乗り通したいと思ってます。

ネットでの予約

JR西日本のホームページから

E5489」というページに入ります。

(調べてみるとネットから寝台車の予約は出来ないという

記事を見つけましたが、2020年春以降予約は出来るそうです。)

f:id:hiro9332:20220228165632j:plain

女子旅や一人旅人気で競争率高し

ネットでも1か月前の10時より受け付けになりますが、

これが結構激戦!

昨今の出雲大社の人気は凄いものがあります。

平日の予約でも一瞬で完売。

何度もトライするも玉砕、のびのびシートは

空きはありますが、個室に関してはダメでした。

f:id:hiro9332:20220228170048j:plain

日時を変えても個室は全然無理っぽい。

普通席といえど横になれる席なので

悪くはないですが、大部屋より個室ですよね。

ここまで取れないと、実は売ってないんじゃないか?

そんな疑念も生まれますが、

手を変えて「サンライズ瀬戸」で検索

すると・・・

f:id:hiro9332:20220228170554j:plain
f:id:hiro9332:20220228170602j:plain

2日前の購入

出発の2日前になるとキャンセルが多く出る事があります。

その理由は2日前までは340円だったキャンセル料が、

それ以降、30%に跳ね上がるためです。

こう言ったキャンセルを狙う場合、窓口で購入する事になります。

旅行会社へ手配してみる

上記で示したように、

ネットでも空席があればちゃんと取れます。

あとキャンセル待ちもあるでしょう。

しかし窓口に足繁く通うのも、

時間的にも結構な労力になりますし、

それでも取れない場合もあるでしょう。

結局、出雲はやっぱり人気なんですね。

部屋数は限られてますので、時期によっては仕方ありません。

日程が決まっている場合

しかも家族旅行のように日程を変えられない場合、

どうしてもこの日じゃなきゃダメな場合、

ギャンブル的な購入方法は現実的ではありません。

そんな時は旅行会社に手配するのもありです。

繁忙期ですと必ずしも希望通りにはいかない

かもしれませんが、確率はグッと上がります。

私は今回、JR東海ツアーズという結構お世話になってる

旅行会社へお願いしました。

条件としてはあくまでツアーですので、列車のみの発券は

ダメで、翌日松江で一泊ホテルを予約をセットにして頂きました。

f:id:hiro9332:20220301153827j:plain

さて、結果は・・・

取り敢えずB寝台のシングルはゲット

そしてなんとA寝台のシングルデラックスも取れました。

その後、我が家の理由で別日のサンライズツインに変更しましたが、

それも取る事ができました。

JR系旅行会社強し。

旅行会社には割り当ての枚数があると思われます。

発券依頼を掛けると、その枠の中から発券されるのでしょう。

よくよく話を聞いていたら

旅行会社はどうやら数日分一緒に発売されるっぽい。

(真偽不明ですが、これは担当者からチラ聞)

結局、ツインで行くことになりました。

帰路はノビノビ座席をE5489で押さえましたが、

鳥取(日本海)回りで帰るのも捨て難く、

引退する国鉄型特急車両381系も国鉄塗装色で

リバイバル運行があり乗ってみたいなぁ〜

などと妄想に浸り楽しい旅の計画。

f:id:hiro9332:20220301164625j:plain

切符はどっちが安い?

今回、サンライズについては入手難でしたので

旅行会社に依頼しましたが、帰路は在来線特急と

新幹線の組み合わせとしました。

そういった在来JRのチケットを頼む際、どうしますか?

一番手間が掛からないのが窓口購入になりますね。

本当ならネットで完結が希望ですが

いろいろ制約が多いのがJR。

例えば鳥取から名古屋市内までの乗車券と特急券の場合、

①区間毎に購入の場合、

特急はくと 料金2,490円(乗車券)+2,460円(特急券)。

新幹線のぞみ(姫路〜名古屋市内)9,390円=

14,340円です。

②窓口で同日便通しで購入の場合は、

特急はくと〜のぞみ(姫路〜名古屋)〜名古屋市内

(全て普通車指定席)で13,410円。

この場合、在来線特急券は半額です。

③JR系で代表的な予約サイトを使う

e5483とEX予約の併用

鳥取〜姫路 チケレス予約

4,550円

姫路〜名古屋8,960円

名古屋市内運賃 230円

13,740円

列車のグレードを落とす

たとえば新幹線をひかりやこだまに変更の場合、

EX予約では特割があります。

これを活用すると安くなります。

ただし繁忙期は使えません。

キップ受け取りの制限

e5483にて購入した切符は

JR西日本以外のJRでは受け取れる場所が限られます。

尚且つ、JR東海では東海の路線が含まれない場合は

受け取れません。

ですので購入する時は、新幹線と在来特急を通しで

予約すればJR東海の路線(新幹線)利用ですので、

受け取り可能になります。

通し券の場合、在来特急をチケットレスには出来ません。

割引の重複は出来ないようになってます。

予約した特急乗車券は、

券売機または主要駅窓口にて受け取り可能です。

f:id:hiro9332:20220310190322p:plain

西日本エリアのみの切符購入時は

チケレス特急券の方が安くなるのでオススメです。

続く・・・・

yama-to-seikathu.info

コメント