山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

クリスマスに買ったもの

今年も早いものであと僅か。

本年最後のご褒美を買いに妻と二人で大阪へ。

 

我が家は少々殺風景な部屋。

あまり余分な物は置かないようにしていて、

良質な物のみ置きたいという主義でしたが、

流石にもう少し家具が欲しいと思っていました。

 

今回は大阪の

LIVING HOUSEと言うお店で

テーブルを探してきました。

一応、全国展開のお店ではあるのですが、

南堀江本店はやっぱり品揃えが良くて、

実際、手触りや質感を見ながら

購入したいと考えてましたのでこのお店をチョイス。

 

基本となる製品として「at Will」シリーズを選択。

足や木材(色調)はカスタムメイド可能で、

天板の木材は

ホワイトオーク材、

ウォールナット材、

ホワイトアッシュ、

ブラックチェリー材、

モザイク、

表面の仕上げはウレタン塗装とオイル塗装。

脚部もスチール、角柱、 角錐 、円錐、

高さは300mm〜750mmで、1cm単位で変更可能。

と細かく変更できます。

今回は、天板はオーク材、

脚はスチール製でオーダー。

f:id:hiro9332:20211226204616j:plain
f:id:hiro9332:20211226204614j:plain
(写真は色違いですが、明るめなオーク材を選択しました)

自宅では無印良品の「リビングでもダイニングでも使えるソファ・チェア」

を使っており、これに合う高さのものを注文したいと考えていました。

通常、テーブル高さの標準寸法は650mmらしいのですが、

この無印のチェアの高さは540mm(アームの天端)。

このチェアとセットの無印良品のテーブルは600mm。

650mmだと若干高いかなぁと思い

最後まで悩みました。

f:id:hiro9332:20211226204727j:plain
f:id:hiro9332:20211226204725j:plain
無印のテーブルは若干低め

心斎橋のパルコ内の無印良品でメジャーを借りて実測し、

再度、LIVING HOUSEで発注。

結局今回は、今後永く使う事を想定し一般的な椅子の寸法

が収まるように低くせず、

650mmで天板厚さが25mm、オーク材の

もので発注しました。

 

発注から納品までは1〜2ヶ月と言うことで

気長に待つことになりそうです。

自分のデスクもいずれ変えたいな

www.livinghouse.co.jp