国産スマホ、買って後悔した話

スポンサーリンク

自分は保守系の人間で、日本大好き人間ですが、

こと、スマートフォンについては

お世辞にも日本製が優れているとは言えません。

そんな中、バルミューダが10万円のスマホを登場させました。

これがすこぶる不評で、私も実機を触ってみましたが

第一印象

「これってカッコイイ?」

「これってiPhone miniの方が良いんじゃない?」

正直あまり所有欲は湧かなかったです。

10万円あれば本当にいろんなものが買える時代です。

このスペックだったら

国産で特殊モデルである事と、

デザイン料を加味してもでも6万位に感じます。

 

f:id:hiro9332:20211207173750j:plain
f:id:hiro9332:20211207173752j:plain

何でもそうですが、こう言う物は

無難な物を買うのが正解で有ると

教えてくれたのは他ならぬ日本のスマホです。

 

国産スマホでは、

冒険好きで好奇心旺盛な性格が災いし、

私は結構ハズレを引いています。

その代表が以下の機種。

 

AQUOS SH-05G、

AQUOS PAD SH-08E

REGZAフォンT-01D

 

この3機種は非常に思い出がある機種です。

3機種ともディスプレイの高性能さを謳ってましたが、

それ以外がとにかくダメダメで、

一箇所が突出していても日常生活道具としては不合格で、

満遍なく高得点を取らないといけないアイテムですが、

ほんとユーザーファーストとはほど遠い物でした。

史上最低最悪と言われたスマホ「REGZAフォン」

f:id:hiro9332:20211207172113j:plain

とにかくこれは酷かった。

不安定でまともに動作しないし

タッチパネルが濡れると全く感知しなくなる代物。

感度が悪すぎて文字入力は時間がかかるし、

バグが異常に多い印象です。

利点があるとすればワンセグが観られる事くらい。

ま、この当時のAndroid OS自体も使いにくかったですが。

今でもググれば当時の不評っぷりが分かると思います。

AQUOS SH-05G、AQUOS PAD SH-08E

初期のAQUOS携帯も出来が悪かった印象です。

故障が多かったので何度もドコモショップへ

足を運びましたが、無駄な時間を過ごしてしまいました。

単なる道具のために貴重な時間を取られて、

ついでにお金も取られるわけです。

f:id:hiro9332:20211207172130j:plain
f:id:hiro9332:20211207172132j:plain
f:id:hiro9332:20211207172138j:plain
画面の不具合で使用不能に。

この機種のタッチパネルもそれほど感度も良くなく、

とにかくモッサリな感じでした。

それに比較しまだマシだったのが、

AQUOS PAD SH-08Eです。

ペン付きの7インチタブレットは

なかなか使い勝手が良かったのです。

画面も高精度ですし良かったのですが、

マイナス点は筐体の弱さ。

背面カバーが良く破損し直してもらってます。

f:id:hiro9332:20211207181342j:plain
f:id:hiro9332:20211207172211j:plain

これ以降はずっとiPhoneを使い続けてます。

最初に触った時の感動は忘れられません。

使いにくいAndroidOSと余分なキャリアカスタマイズに悩まされ

シンプルな操作感を求めていた自分にはピッタリ。

ハッキリ言ってキワモノは買わないに限る

これに着きますね。

コメント