山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

iPhone12・13のためのMagSafeバッテリー

軽い補助バッテリー「MagSafeバッテリー」

巷ではiPhone13の話題で盛り上がってますね。

私はiPhone12miniですが、今回の13はスルー

は決定済み。

その代わりApple Watch7一択です。

 

iPhone13の羨ましいポイントは

バッテリーの持続時間でしょう。

(容量が2500mAh)

旧機種から1.5時間長くなったという事ですが、

今の時代、やっぱりモバイルバッテリーは必要。

そして持ち歩くなら軽く行きたいもの。

f:id:hiro9332:20210929103206j:image

そんな時に魅力的なMagSafe対応の

モバイルバッテリーがAppleから販売されていますので

購入してみました。

メリットはあるのか

この商品、

何がメリットかと言えば、コードレスな事。

ケーブルが不要なのは助かります。

何せスマホとこのバッテリーのみで

十分だからです。

 

いま手持ちのモバイルバッテリーは

RAVPOWERの10000mAのPD対応バッテリーです。

これを置き換えたらと考えてます。

f:id:hiro9332:20210929180304j:plain

f:id:hiro9332:20210929175118j:plain
f:id:hiro9332:20210929103414j:plain
外観。Appleマークだけでも価値あり?

少し使ってみた

今回、実際2日程度使ってみましたのでレビューします。

毎日使って行く上で電源の必要量というのは

確立されています。

そんな毎日で私の場合、

モバイルバッテリーを使うシーンというのは

100%iPhone用途に限定されています。

それだけ使用頻度の高いモバイルアイテムということですが、

それならばこのバッテリー一つでこなせるのではないかと。

注意点

まず注意点としては、このバッテリーはiPhoneのバッテリーパック

という商品名で分かる通り補助的な使用を想定しているものです。

バッテリー容量は1460mAh(7.62V/11.13Wh)、

iPhone mini(2,227mAh)

の使用時間を1.5〜1.8倍程度伸ばすことができます。

ですので何回もの充電が想定される場合には適しません。

また、急速に充電したい方にも適しません。

 

バッテリーパック自体ワイヤレス充電ができたら

最高なんですが、これは不可でした。

iPhone専用ですが、

AirPodsへの充電は可能です。

(コイル部分に置くだけ)

この辺りは注意が必要になります。

f:id:hiro9332:20210929174429j:plain

Air PodsProへの充電

f:id:hiro9332:20210929175442j:plain

ちょっとメリット

1、やっぱり小型軽量

一番のメリットはサイズ感。

特にminiとは持った時の重量感も

不満無し。

2、MagSafeでケーブル要らず

ケーブルが無いことで場所に囚われず

即充電。ちょっとした外出なら

ケーブルは不要。

ちょっと残念ポイント

1、まずはバッテリー本体充電はワイヤレスが良かった

(無謀な注文ですが。技術的に難しい?)

実現したらインプットからアウトプットまでケーブル要らず。

更に言うとインプットはUSB-Cでお願いします。

2、やっぱり容量

これも大容量化と容量はトレードオフなので致し方ないところ

ですが、軽快さを失わないサイズ感こそが答えなのかも。

3、携帯用のポシェットが無い

細かい事ですが、傷から守るために欲しい

4、価格

アフターメーカーなら半額。

メーカーと信頼と林檎マークを買うと言う事で

心鎮めます。

これで変わるもの

このバッテリーのおかげで毎日の出勤時に

要らなくなった物があります。

一つはLightningケーブル

もう一つは大きな10,000mAのバッテリー。

これだけで随分とスッキリします。

私の場合、日常的な外出時の使用において

これで何とかなりそうですが、ガンガンゲームを

やったりする人には物足りないだろうと予測はつきます。

あくまでこれは人によって違いますのでご容赦を。

 

f:id:hiro9332:20210929180304j:plain

このバッテリーは私の様に、

iPhone miniのサイズ感を損なう事無く

スマートに充電したい人には

好適なアイテムでした。

yama-to-seikathu.info

yama-to-seikathu.info