山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

Let's NOTEを使い込め!

ビジネス用途のロングセラー機

f:id:hiro9332:20210623150658j:plain

 

パナソニックのLet's NOTEと言えば、

ビジネス向けパソコンとしては王道中の王道。

Macとは正反対の性格を持つパソコンです。

そう思える部分としては

頑なまでの互換性、

無骨なデザイン、

マルチメディア志向ではない。

大きくこの3点。

ちょっと借用しました

今回、5年くらい前の中古ですが、

お借りしましたので

試用してみたいと思います。

当機のスペック

CF-MX5PF6VS

Core i5 6300U 2.40Mhz

(第6世代)

メモリー 8GB

SSD 256GB

ディスプレイ 12.5型

IPSパネル、FHD、

タッチパネル

ドコモの標準SIMスロットあり

(LTE対応)

SIMロック解除はパナソニックへ送ればやってくれる。

ただ、今更ながらドコモの古い通信規格を

使うのもどうかと思う。デザリングで十分。

重さはドライブ搭載でも1.22㎏。

これは未搭載なのでさらに軽い。

あと珍しく指紋認証付きです。

Windows標準ではなく、アプリを入れて

実現するタイプで、PINが効かなくなるのですが、

結構認識率は高く使える機能です。

(ドライバーを探すのにかなり探しましたが)

2016年モデルですが中々のハイスペックだった

と思います。

互換性 

まず、

特徴的なのは入出力ポート類。

映像出力はHDMI出力もできるものの、

D-SUB15アナログポートが未だに付いているのは

驚きます。

いろんなプレゼン会場や会社の会議室なんかの

プロジェクターなどは古い場合も多くて

こう言った古い規格も必要なんですね。

それと有線LANなどの古典的ポートも必須。

MacBookのUSB-Cポートのみのスッキリ感に比べると、

見た目は騒々しい感じです。

あとセキュリティーの観点から

ワイヤレス(Wi-Fi)のオンオフが物理スイッチで付いている

のが特徴的。

現行品との違いは、

現行機種はThunderbolt4のUSB-Cが装備で

PDによる充電が可能

(専用ACアダプターが要らないのは良い)

f:id:hiro9332:20210623202400j:plain
f:id:hiro9332:20210623202357j:plain

f:id:hiro9332:20210623202855j:plain

f:id:hiro9332:20210623202859j:plain

f:id:hiro9332:20210623202927j:plain

無骨なデザイン

屋外でビジネスを想定すると

落下のリスクは結構高いものです。

垂直落下76cm、傾斜落下30cm(26方向)

加圧試験(局所)など耐久性を売りにしてます。

外装はマグネシュームではありますが、

基本的に外回り営業等に使用されてるため、

扱いが悪い場合が多く、中古で買う場合は注意です。

結構外装が傷だらけのものも多いです。 

それでもこのパソコンの場合、

それも許せるくらいの

ビジネスツールとしての魅力はあります。

タブレットとして 

この機種は2in1タイプで

クルリと回すとタブレットモードで使えます。

これによりプレゼン時に顧客にも見せやすく、

より説得力のある営業ができるでしょう。

久しぶりに初期化

f:id:hiro9332:20210623150719j:plain


今回、久しぶりにWindowsのクリーンインストール

しましたが、相変わらず一度で決まらないのが

Windows。

一度目はデバイスの認識がイマイチ。

動作しないものもあったので再インストール。

悠に4時間を費やしてました。

Macに慣れていると結構しんどい。

どうも配布ドライバーも古いのか相性が悪い。

2回の再インストールで、何とか無事完了。

タッチパネルも無事復旧、

これも相変わらずネットへの接続は面倒臭い。

デザリングがもっと楽なら良いなぁ。

f:id:hiro9332:20210623202342j:plain

最大の欠点

このパソコンの最大の欠点は

ズバリスピーカーです。

モノラルでちっちゃなスピーカなので、

音もちっちゃい。

これでマルチメディアを堪能しようと言う方にはオススメしません。

外付けBluetoothスピーカーを利用しましょう。

最大の利点

バッテリーや充電器など未だ購入可能なこと。

ロングライフを保証する姿勢がgood

yama-to-seikathu.info

yama-to-seikathu.info