パソコンを持ち運ぼう

スポンサーリンク
大人の鞄

パソコン携帯の為の必需品

とても重要な「鞄」どう選ぶ?

私はだいたい出歩く時はパソコンを

持ち歩いてます。

その時々に応じてMacBookだったり、

レッツノートだったり。

一時期、軽量化目的でiPadを持ち歩いてましたが、

やはりアプリの違いから来る作業効率の

悪さに物足りなくなってしまって

パソコンに回帰していきました。

f:id:hiro9332:20210920161405j:plain

と言う事で今日はパソコン持ち運び時の

鞄について語ります。

そんな持ち運びに関して心配なのは

色々な外的ダメージです。

MacBookもレッツノートも耐衝撃性の高さには

定評がありますが、やっぱり気を使います。

パソコン鞄を考える

まず、パソコン用としての注意点は

1、外部からの衝撃を吸収できるか

2、傷が付きにくい素材か

3、出し入れはし易いか

4、防水性能

5、収納は十分か

以上だと思います。

外部からの衝撃吸収性能

例えばデイバックである無印良品のリュックなどは

クッション性が無く、雑に扱うと

底面や側面はダイレクトに衝撃を受けます。

f:id:hiro9332:20210920161701j:plain

一方、アークテリクスのアロー22は

底は浮いた状態で落下の衝撃からPCを守ってくれます。

また全体に柔らかい素材のため、ダメージは受けにくい構造です。

背面部分には樹脂の板が入っており、PCへの負荷を抑えます。

f:id:hiro9332:20200613171733j:plain

ポケット内部の素材

パソコンを収納するスペースは柔らかい素材

が使われている事が多いのですが、

頻繁に屋外での出し入れが、有りますので、

ナイロン素材などですど細かい擦り傷が付く

可能性があり、やはり肌触りの良い物が良いでしょう。

出し入れのし易さ

あと、間口の広さも重要です。

と言うのも、鞄やケースによっては出し入れ時、

ファスナーが当たったりして

傷が入る可能性もあるからです。

防水性能

外回りでパソコンを濡らしてしまっては

大変です。

防水性能を求めるとどうしても価格が高くなりがちですが

それには理由があります。

外面素材とファスナーの性能によって防水性能は高まります。

f:id:hiro9332:20210920161513j:plain
f:id:hiro9332:20210920161528j:plain
左が紫水ジッパー・右が通常のジッパー

ビジネスバック

f:id:hiro9332:20210920162626j:plain

パソコン収納という点ではビジネスバックは最高です。

マムートのSeon Transporterですが使い勝手は

よく考えられてます。

また防水性も高く止水ジッパーが使われています。

パソコン収納スペースは2室あり、縦方向横方向

どちらからでも収納可能です。

f:id:hiro9332:20210920162826j:plain
f:id:hiro9332:20210920162845j:plain
左が長辺側・右が短編側の収納口

内面は傷の付かないフリース素材のような柔らかいもの。

A4のファイルとともに充電器や小物がすっぽり収納できる。

私のビジネスライフには欠かせない物です。

パソコンはやっぱり高価な機器です。

とはいえ、部屋の中だけで使う物ではなく

フィールドで使ってこその物だと思ってます。

思い立った時に納得いくまで作業に打ち込む、

それにはこう言った移動アイテムが重要になってきますね。

コンパクトなパックパック「ブレード 6 バックパック」

ご紹介するのはアークテリクスの

バックパック「ブレード 6 バックパック」です。

f:id:hiro9332:20211214202100j:plain

なぜ購入したか

アロー22よりもコンパクトで平たいのが特徴です。

よりコンパクトな MacBook持ち運び用の鞄です。

25×43×8cmと薄型でA4ファイルサイズ。

カフェで作業には最適なバックパックです。

f:id:hiro9332:20211214202145j:plain

シンプルな装い

まず見た目ですが、スッキリとしたルックスで都会的な

シンプルさです。このバックパックは

ラップトップやタブレットを持ち運ぶことを想定していて

取手はトップ方向とサイド方向に付いており、

出し入れはサイドからになります。間口は大きく

ジッパーも広く開けられますので、

MacBook Pro 13インチでしたら余裕で収納。

内部は2室に分けられていて、小物収納のポケットも

付いています。

ガジェット類やA4ファイルもそのまま入る便利さ。

f:id:hiro9332:20211214202130j:plain
f:id:hiro9332:20211214202207j:plain

アローとの違い

アローはやっぱり山でも使えるタイプのバックパックで、

背面が蒸れないように湾曲背面だったり、

ハードな歩行にも耐える物ですが、こちらはあくまで街仕様。

ジッパーも止水ジッパーではないので、防水性能は余り強く

ない感じです。

厚さも無いので、大きな嵩張る物は入らないので注意です。

あと、やたらアークテリクスのロゴが大きい。

上の写真がアロー22、下がブレード 6 バックパック。

f:id:hiro9332:20201120173557j:image

f:id:hiro9332:20211214201943j:plain

私はこのロゴは大好きなので気になりませんが、

気になる方もいるかもしれませんね。

余り重量物は入れない想定ですので、ベルトも

胸の部分と腰のベルトはありません。

あくまで適量のアイテムを街中で持ち運ぶ想定なのでしょう。

その割には生地は丈夫なナイロン素材です。

重さは865gですが、すごく軽快です。

なかなかこのサイズのものは持ってなくて、

あとはビジネスカバン位でしたので、

おしゃれな鞄が増えてテンションも上昇です。

(アークテリクス)arcteryx ブレード6 arcteryx Blade6 Backpack 16180 BLACK artx-021

ARC’TERYX/アークテリクス:Arro 22 Backpack:アロー バケット バッグ アークテリクス メンズ:フリーサイズ(ワンサイズ) ブラック

[マムート] バックパック Seon Transporter 25 black

コメント