マンティスで街を軽快に歩く

服と鞄
スポンサーリンク

マンティスで街を軽快に歩く

手ぶら感覚・街歩きに最適なウエストバック

暑い夏、旅先でも多くの荷物は持ち歩きたく無いもの。

大きな荷物は早々にホテルやコインロッカーに預け、身軽になりましょう。

私も普段の街歩きは、財布とスマホ・ポケットティッシュやハンカチ程度の

持ち歩きが多い事から小さなポーチは欠かせません。

そんな時にとても愛用しているアークテリクスのバック2種をご紹介。

BEAMS マンティス予約ページ

マンティス 2 ウエストパック

人気の高いウエストパックです。

最近購入したのですが、思ったより収納性に長け

後から紹介するマンティス1に比べ1.5倍の収納力です。

マンティスシリーズ通しての特徴であるバックパネルのスマホポケットは

間口が広く大型のスマホでも収納できます。

主な特徴

  • 軽量 190g
  • FC0-DWR(耐久撥水)仕上げ
  • マンティス 2 ウエストパック = 高さ:21.5cm、幅:25.5cm、奥行:10cm
  • アークテリクス バードロゴはセンター
  • キークリップ付きフロントポケット
  • メイン コンパートメント ポケットにはオープン スタッシュ ポケット、ジッパー式セキュリティ ポケットの3エリア
  • 背面バックパネルのスタッシュポケットには、携帯電話や定期などを収納可能です

サステナビリティ

  • 使用素材はbluesign®の条件を満たしています
  • ドープ染めのライニングを施した生地
  • リサイクルポリエステルを100%使用

ARC’TERYX アークテリクス MANTIS 2 WAISTPACK マンティス2 ウエストパック 全6色 正規取扱店 送料無料 29557 23SS 全6色 ONEサイズ ユニセックス

マンティス1 ウェストバック

コチラは以前買ったものですが小さめなバック。

材質はマンティス2と変わらないが、

2が2.5Lに対しこちらはサイズが1.5Lと小さい。

バードロゴが右側に配置されている。

主な特徴

  • 軽量 165g
  • マンティス 1 ウエストパック = 高さ:15cm、幅:21cm、奥行:8cm
  • FC0-DWR(耐久撥水)仕上げ
  • キークリップ付きフロントポケット
  • メイン コンパートメント ポケットにはオープン スタッシュ ポケット、ジッパー式セキュリティ ポケットがあります
  • バックパネルのスタッシュポケットには、携帯電話とトランジットパスを収納可能
  • ショルダーバッグ、クロスボディバッグ、またはウエストパックとして使用可能
  • バードロゴは右側
  • 材質については同質

使用感はどうか

とにかく秀逸なのはバックパネルのクッションと形状

腰にしっかりフィットし加重感は感じられない。

これなら軽快に街歩きが出来る。

両社とも違いはサイズのみなので使い分けると良いでしょう。

購入に際しては抽選販売になっているカラーもあるので

注意です。

アークテリクスと言うと巷には偽物が数多く出回っています。

模造品もクオリティが上がり見分けがつかないレベルとの事。

どこで購入するかは、とっても重要なんですが、本家アークテリクスの

店舗かネットショップでの購入が一番でしょう。

どちらかと言うとお勧めは実店舗です。

店員さんに入荷状況も聞けますのでチャンスを逃しません。

アークテリクス、ビームスは元より登山用品店は穴場です。

まず、お店に行く前に電話で確認。

今回のマンティス2は、好日山荘に電話した所、20個入荷でゲットできました。

タウンユースが来ない登山用品店の方が購入しやすいかも知れませんね。

アークテリクス


是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメント

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial