山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

レッツノートのPD化

電源アダプターの統一作戦

f:id:hiro9332:20210902062051j:plain

PD(パワーデリバリ)をご存知ですか。

以前のノートパソコンは専用のACアダプターが

付属し、それ以外では充電は不可能でした。

しかし今ではUSBタイプCと言う共通規格を使って

急速充電が可能になり利便性が向上しました。

 

MacBookなどはUSB-C端子しかなく

これだけであらゆる接続を可能にしています。

高速転送の為のThunderbolt規格と

高速充電のためのPowerdeliveryが

一つの規格の中に詰め込まれている訳です。

レッツノートの場合

さて

私が中古購入したレッツノートSV7は

基本はUSB-C搭載です。

ところが私のタイプはUSB-C非搭載機種。

よく見ると端子の穴の跡は残っており、

グレードとしての非搭載機かも知れません。 

 (カスタマイズモデルもあります)

PDのメリット

このPDがある事のメリットは

1、市販のコンパクトなPD対応充電器で充電可能

2、ケーブルはCタイプ1本で通信から充電まで可能

が最大のメリット。

電源アダプターも現在では窒化ガリウム(GaN)の

超小型高出力型が多く

私の充電器もRAVPOWERとAnkerのGaNです。

 

せっかく機動性に優れたレッツノートですが、

このACアダプターによってスポイルされてしまっては

残念ですので、PD化を目指します。

f:id:hiro9332:20210825043916j:plain

充電については、

日頃、携帯充電用として充電器は持ち歩いているので、

プラスしてレッツノート用のACアダプターを持つのは

結構大変です。

これが統合できれば最高ですよね。

f:id:hiro9332:20210825044541j:plain

データ転送ではクラウドを使ってるので

USB-Cでの接続はほぼ使ってませんが、

充電だけは何とかしたい。

 

PD用変換ケーブルを試す

もちろん純正ではありませんが、

市販品で変換できるアダプターがあります。

この際の注意点は、

レッツノートは電圧が16vである点。

この電圧が取り出せる仕様の物である必要があります。

あと純正品ではないので動作保証はされません。

自己責任での使用になります。

 

早速このアダプターを使って接続してみます。

電源アダプターはRAVPOWERの窒化ガリウム

の65WのPD対応アダプターと

Ankerの 65w

オレンジか緑のランプが点灯すれば正常で

不一致ですと赤ランプの点滅となります。

 

立ち上げた後、BIOS画面でACアダプターが違う旨の

表示が出る場合があります。

ちなみに、PDには極性はありません。

今までのUSB端子のように方向で挿入

できないということがありません。

ですのでパソコン側が丸プラグであっても

コンバーターでコントロールされます。

f:id:hiro9332:20210901214325j:plain

購入してみた

今回購入したのは

変換ケーブルタイプの短いもの。

15v対応タイプで、レッツノート対応を謳ってます。

携帯性も良さそうです。

今回なぜが2セット届いてしまって???

多分注文時に間違えたんでしょうね。

f:id:hiro9332:20210901214315j:plain

1セット目を繋いで見たが反応なし。

この時点で失敗を確証してもう1セットは未開封のままでした。

ただ、もしかしてと思い開封し繋いでみたら

こちらは成功しました。

しっかり充電され満充電まで行きました。

起動時もエラー無く快調です。

どうも最初の物はコネクターの

差し込んだ感覚に違和感があり、

どうも不良品かなという感じがします。

取り敢えず失敗作の方は返品するとして、

何とか成功できて満足満足です。

 

これで日頃の手荷物削減と

レッツノートと活動の幅が広がりました。