愛知の憂鬱な日々

オジサンの独り言
スポンサーリンク
スポンサーリンク

愛知の憂鬱な日々

現在,

私は仕事で強烈な名古屋人達を相手にしている。

一人で孤軍奮闘。

これは顧客だけでは無く同僚も同じく。

周りを見ればコアな愛知県人ばかり

(ほとんどは名古屋人だが)

しかも高齢者になるほどその傾向は顕著で扱いづらい。

日々非常にストレスを感じています。

愛知県民の特性?

ここで余り知られていない名古屋(愛知県)人の特性からご紹介。

・何はなくても自分勝手です。

・他人には厳しいが自分には甘い

・気に入らないとすぐ切れます。

・その癖、責任が絡んでくると自分に火の粉が掛からない様に自己保身に必死です。

注意すべきは一見仲間ぽく振る舞いますが、

いざと言う時はサッと身を引き、助けてはくれません。

(逃亡する)

それと比較し、関西や関東の人や三重や岐阜の同僚は

普段は愛想なくても、

苦しいときにはしっかり手を差し伸べてくれます。

なぜ街が汚いのか

スラム街みたいな名古屋の街

名古屋の街を歩くととにかくその汚さにビックリします。

路上喫煙禁止エリアでもこの惨状

路上にはたばこの吸い殻、たばこのパッケージ、

生垣にはペットボトルやコンビニの袋に入ったゴミ。

コインパーキングの陰ではタバコやゴミの山。

路上には自転車が雑然と放置され歩道を占拠している。

(下)写真左は有料駐輪場。ガラガラです。

写真右は不法駐輪。名古屋は今まで知りうる街の中で最も汚い街である

はっきり言って大阪よりも汚い。

(大阪はずいぶん改善されましたね)

自分さえよければという考えでしょうか。

日本一多い自動車がもたらす低い安全意識

悪く言われる機会の多い愛知の車の運転ですが、

そんな個性がよく出ていまして

「自分の感情は他人の命より重い」

そんな人々です。

法令順守意識が全く欠落している県民性です。

何事も自分第一。

車しか乗ってないので、自分がいかに危険な行為をしているか

全く理解できないのである。

電車の乗り方と歩道の歩き方

電車の乗り方は何とかしてほしい

名古屋の電車でよく言われるのは

下手な電車の乗り方。

名古屋も結構朝のラッシュは激しいのだが、

なぜか奥へ詰めないのが常態化している。

その理由を考えたのだが、

扉前に立ちふさがる「仁王立ちバカ」のせいもあるのかもしれない。

降りようとしても微動だにしない空気読めな人間が多く、

通常都会では、自分がいったんホームへ降りて、

スムーズな乗降をさせるよう配慮するが名古屋では皆無である。

並び位置もバラバラで、横入りも横行。

毎朝イライラさせられます。

また歩道を歩けば突進してくる人間が多いので

注意してください。

いわゆる流れに乗る歩き方ができないのでしょう。

こういった性格の背景は

実家暮らしの「子供部屋人間」が多い事もあるのでしょう。

駅までも自力では行かず、「ママのお見送り」が多い。

バス停でバスの発着を邪魔しようが、交差点内で違法駐車だろうが

「ままのお出迎え」は最優先なのである。

こんな甘い人間ばかりだから当然最悪な人種が出来上がるわけである。

しかも地域がら左翼ベースな思考回路なので、さらに自分勝手だ。

というのも、左翼はエゴイストの集まりだと思っていて、

人には厳しいが自分の不祥事には寛容である。

自分がこうなのは相手が悪い、自分は悪くない、安倍が悪い、自民が悪い、

日本シネと大きな声で恥を晒す人たち。

(お花畑のためには手段を択ばない人たち、事実の歪曲も厭わない)

名古屋のアナウンサーが組合費を流用しようが、まったく報道せずもみ消します。

それは大株主である「とある新聞社」の影響だろうか?

愛知の民放はほとんどが息がかかっており、大村の売国行為にも寛容だ。

安倍さん叩きとはえらい違いだと思う。

そんな私がこの人生の墓場の地「愛知県・名古屋市」から

脱出できるのはいつになるのか。

コメント