レッツノート中古のススメ

Let's Note倶楽部

現行機種を購入しようと思うととても高価なレッツノート。

レッツノートは価格レンジが20~40万円程と非常に高いパソコンです。

その価格設定については個人の価値観ですので、価値があると思えば払えばいいのですが、

何せ強気な価格設定になってるので、

魅力は一杯だけど手が出ないという人も多いのではと思います。

個人的に使う人には関係ないかもしれませんが、業務で使うとなると

高い堅強性と持ち運びやすさの両立は欲しいところ。

私は結構現場で使っていますが、やっぱりこれが一番かなぁと思っていて、

図面の修正や書類作成はこれ一台で行います。

そんな方にぜひ使って欲しいのがリユースという手。

私は3台使ってますが、全て中古で購入し使っています。

レッツノートは会社のリース返却品が大量に出回るのですが、

結構ハードな使われ方をしていますので、天板や筐体に傷が多い物も多く

ランクの高い個体を選ぶのがベストです。

じっくり探せば使用感の少ない良品にも出会えます。

ここは中古でいかがですか

購入時のポイント

ここで選ぶポイントを挙げてみました。

ここまであればWindows11でも不満なく使えると思います。

  • 当たり前だが筐体・画面に損傷のない物。
  • CPUは第8世代以降が無難(前世代の4コアから6コアにアップ)
  • メモリーは8GB以上

世間一般には16GB以上必要という人もいますが、

私の経験上レッツノートは画面のサイズもあってバリバリのマルチタスクをするPC

ではありませんので、8GB のメモリでも不足をあまり感じたことがありません。

これはSSDの速さも関係あるかもしれませんが。

  • USB-C対応(Thunderbolt・パワーデリバリ対応)
  • TPMは2.0である事(トラステッド プラットフォーム モジュール)

※パスワードや暗号化キー、セキュリティ証明書などを生成して、ハードウェア上でそれらを管理する物理モジュール。

※Windows11のインストール要件

こんなところでしょうか。

若干ハードルは高く感じますが、価格的には5万円未満で購入可能です。

 

こちらの記事もどうぞ
中古レッツノート・スタートアップガイド

 

私の購入したレッツノート

CF-MX5

2in1タイプのレッツノート。

見比べると画面の縁が広くトラックパッドの形状も違いますが、

基本的にはレッツノートの伝統の形です。

仕様
CPU 第6世代 インテル Core i5 6300U(Skylake)
2.4GHz/2コア
画面サイズ 12.5 型(インチ)
画面種類2in1タイプ タッチパネル解像度 フルHD (1920×1080)
メモリ容量 4GBメモリ規格LPDDR3
ストレージ容量 SSD:128GBTPM1.2
OSWindows 7 Professional 32bitビデオチップIntel HD Graphics 520
ビデオメモリ1647MB駆動時間JEITA Ver2.0:11時間
インターフェースHDMI端子
VGA端子
USB3.0
SDカードスロット
センサー加速度センサー
ジャイロセンサー
地磁気センサー
照度センサー 
その他Webカメラ
Bluetooth
スタイラスペン
無線LAN/LAN IEEE802.11a/b/g/n/ac
10/100/1000Mbps
重量1.198 kg幅x高さx奥行301.4×21.5×210 mm

 

CF-SV7

SVシリーズは今でも人気のシリーズですが、

買って満足度の高いパソコンです。

とにかくパソコンとしてスタンダードな性能と機動力を持った製品です。

SV7はUSB-C対応ですが、このモデルは未搭載でした。

その分価格もお安めで購入

仕様
CPU 第7世代 インテル Core i5 7300U(Kaby Lake)
2.6GHz/2コア
画面サイズ 12.1 型(インチ)
表面処理ノングレア(非光沢)解像度 WUXGA (1920×1200)
メモリ容量 8GBメモリ規格LPDDR3
TPM2.0 ストレージ容量 SSD:256GB
ビデオメモリ4170MBビデオチップIntel HD Graphics 620
インターフェースHDMIx1
VGAx1
USB3.1 Gen1(USB3.0)x3
SDスロット
駆動時間JEITA Ver2.0:14.5時間
OSWindows 10 Pro 64bit 生体認証顔認証
センサー照度センサー無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac
その他Webカメラ
Bluetooth
LAN 10/100/1000Mbps
SIMフリー対応nanoSIM 
重量0.929 kg幅x高さx奥行283.5×25.3×203.8 mm

 

CF-SV8RFCVS

この個体はメルカリで個人の方から購入しました。

程度も良く傷も皆無です。個人使用のものは丁寧に使われてますね。

仕様
CPU 第8世代 インテル Core i5 8365U(Whiskey Lake)
1.6GHz/4コア
画面サイズ 12.1 型(インチ)
表面処理ノングレア(非光沢)解像度 WUXGA (1920×1200)
メモリ容量 8GBメモリ規格LPDDR3
TPM2.0ストレージ容量 SSD:256GB
OSWindows 10 Pro 64bitビデオチップIntel UHD Graphics 620
ビデオメモリ4130MB駆動時間JEITA Ver2.0:14時間
インターフェースHDMIx1
VGAx1
USB3.1 Gen1(USB3.0)x3
USB3.1 Gen2 Type-C、Thunderbolt3兼用x1
SDスロット
 
生体認証顔認証USB PD
センサー照度センサー無線LANIEEE802.11a/b/g/n/ac
その他Webカメラ
Bluetooth
 LAN 10/100/1000Mbps
SIMフリー対応nanoSIM 
重量0.919 kg幅x高さx奥行283.5×24.5×203.8 mm

 

 

CF-SV9RDLVS

こちらはネットでショップ購入ですが、傷は全くありませんでした。

SV-8との違いはCPUの世代が新しいくらいしか分かりません。

このモデルはLTE非搭載です。

 

バッテリーについて

10年前位までのモデルについてはバッテリー単体での入手が可能で、

長く使える安心感があります。

また、交換は簡単に脱着可能で場面に合わせて容量なども

選択して持ち運べます。

パナソニックストア他アマゾンや家電量販店でも入手可能

結論

という事で、

中古パソコンの中でも「当たりを引く」と満足感が高いのがレッツノートです。

それはそこらの普通のパソコンと違い、軽さと堅強さを備えてるから。

これは絶対オススメです。

是非フォローしてください

最新の情報をお伝えします

コメント

Social Share Buttons and Icons powered by Ultimatelysocial