kutsu LOG(クツログ)

人生にゆとりを求める日々

Wi-Fi改善計画 11ax導入

いよいよ限界、我が家のルーター

今やネット環境は大切なインフラ。

仕事も趣味もネットが頼りな生活を送っています。

今や欠かせないものの代表ですよね。

しかし、一方で置き去りにされがちなのもとして、

Wi-Fiルーターがあります。

現状の性能

我が家のルーターは

EchoLife HG8045Dという機種で、

プロバイダーからの貸与品です。

ネットワークのモードは

802.11b802.11b/g 802.11b/g/n802.11a 

802.11a/nとなってます。

古いWi-Fi規格の危険性

旧規格を使い続けることの最大の危険性は

セキュリティにあります。

自宅の貸与品はWPA2にまでしか対応していません。

暗号化信号の解析、ログイン攻撃などのブロック

強化されたより高度なセキュリティにすべく、

WPA3に変更する必要があります。

通信規格

一般的な通信速度としては

最大通信速度 周波数帯

IEEE 802.11a    54Mbps     5GHz

IEEE 802.11b    11Mbps     2.4GHz

IEEE 802.11g    54Mbps     2.4GHz

IEEE 802.11n(Wi-Fi 4)    600Mbps     2.4GHz/5GHz

IEEE 802.11ac(Wi-Fi 5)    6.9Gbps     5GHz

IEEE 802.11ax(Wi-Fi 6)    9.6Gbps     2.4GHz/5GHz

となっておりますが、

あくまで理論値でいろんな条件が加わるとこの通りにはなりませんが、

Wi-Fi6はやっぱり速いのです。

EchoLife HG8045D

電波の安定性

つながりの安定性の悪さを感じていましたが、

古いのをそのまま使っていますので、

通信速度の遅さに改善したいと考えておりました。

とは言え、差し迫った緊急性も感じなかったので

そのままでした。

Wi-Fiの計測

我が家のWi-Fiの現状は

11aと11gという相当古い規格で通信速度も

遅いものです

それとちょっと繋がりが悪かったり切れたり、

調子もよくなかったので買い替えです。

以下は現行のWi-Fiの周波数帯です。

ちなみにHG8045Dは下り最大450Mbps

となってます。

実測したところ以下のようでした。

この結果を見ると結構スピード出てるという印象。

100Mbpsもあれば軽的な部類です。

こちらは別サイトで計測。

そんなに悪くない数値です。

ちなみにスマートフォンのahamo回線はどうか。

これは4G回線になりますが、

下はいいが上りはダメダメなので

相互通信をするには自宅にしっかりとした回線を引くべきです。

Amazonでバッファローのルーターゲット

今回はAmazonでタイムセールで買った

Wi-Fi6のルーター。

価格は6,000円以下でリーズナブル。

機種はWSR-1500AX2S。

セットアップしてみる

早速セットアップしてみます。

と言っても我が家はケーブルテレビなので

支給のモデム兼ルーターがありこれは外せないので、

LANの端子から繋いでみます。

繋いで電源を入れ、SSIDと暗号化キーを入力したら即使えます。

計測してみる

今回、更新したルーターの通信速度は

下り700、上り500Mbpsと2倍以上の速度です。

以上のように違いは明白です。

ついつい「勿体ないから」と使い続けていませんか?

極端に高いものでもありませんので交換はおススメです。

憩いの場を求めて

観光客で溢れる飛騨高山の街。

メイン通りである国分寺通りや安川通りは

結構な渋滞でした。

そして古い町並み(三町通り)は混雑をしていましたが、

江名子川より北側の下二之町大新町伝統的建造物群保存地区

は、人が疎らというレベルを超えて全く居なかったのには驚き。

車によるスポット(点での移動)観光をされる方が多いらしく、

道路渋滞とは裏腹に電車はあまり混んでいませんでした。

観光はもっと面で地元に触れあって欲しいと思うのです。

 

そんな混雑する大型連休ですが、

地元民が雑踏を避けてボケーと出来る場所があります。

それがここ「北山」です。

昔からよくカメラを持って遊びに来た場所で、

市内が一望でき観光客も来ないので静かにくつろげる所です。

この場所の正式名称は北山公園 鮎崎城址公園と言い

鮎崎城というお城の跡になってます。

北山からの眺め。市街地方面と乗鞍方面

新緑が日に当たり、より鮮やかに浮かびます。

街からちょっと歩くと自然の中。

軽いハイキングとして良い場所です。

途中にある高山観光ホテルが廃墟になってて驚いた。

どうやら建て替えをするらしいが、

ガラスというガラスは割られ

配管や天井の吹き付けが剥き出し状態。

横の道路を通ったら咳が出て止まらなくなった。

どうも建物内の飛散物が飛んできてるのだろう。

吹き付けの岩綿(もしかしたら石綿?)や断熱材の

グラスウールが飛び散ってるぽい。

ちゃんと飛散防止のシートで覆うなりしてほしいですね。

(アスベストは入ってないと思うけど古い建物は注意)

観光ホテルの外観。ガラスは割られ外気に剥き出し。シートで覆った方が良くない?

 

帰りに中華そばを食べに「郷里」さんへ立ち寄り。

お店によって味の系統が違うが、細いちぢれ麺と和風だしのスープ

は高山の中華そばの特徴です。

ここの味付けは少し濃いめであっさり系。

好きな人は好きな味です。

「ちとせ」や「麺やしらかわ」も寄りたかったけど

すごい行列が出来ていたので、またの機会に入ろう

高山駅の内部です。

和のテイストで「木の国・飛騨」を

印象付けようと考えられているようです。

設計はJRですが、監修は建築家の内藤廣さんです。

現在の高山駅と昔の高山駅の比較。

昔の駅舎は昭和9年開通時のものが使われてました。

高山線開通時と違うのは屋根の形状くらい。

希望としてはもっとレトロ感出しても良かったかなぁ。

旅するSurface Pro IN飛騨高山

今日はサーフェースとともにお出かけです。

行先は飛騨高山。

そうです、実家へ帰ってきます。

いつも旅行ではこう言ったデバイスを持ち運んでますが、

この機種(サーフェースプロ7)は初めて。

f:id:hiro9332:20220503081915j:image

今日乗車した特急ひだはコンセントがありませんでした。

古い車両ですので指定席でも付いてない場合がほとんどです。

そんな時でもバッテリー持ちの良いサーフェースなら

作業効率が落ちません。

車内では作業しやすいか

サーフェースの最大の問題点は、

列車の簡易テーブルだと設置が難しかったりします。

しっかり広げるとテーブル天板に収まらないので、

やや控えめに広げて使えば何とか使えそうです。

特急ひだは揺れる

とにかく列車が揺れます。

カーブが多い山間部を通りますので

仕方ないことではありますが細かいタイピングは辛い。

新幹線の様にはいきませんね。


f:id:hiro9332:20220503102913j:image

f:id:hiro9332:20220503102841j:image

この連休中の高山は

晴天に恵まれ人出もまずまずのようだ。

現在の高山周辺の状況は

まず、この時期、乗鞍スカイラインはまだ開通していません。

立山のアルペンルートよりも開通は遅いのです。

上高地は県道の土砂崩れがありましたが復旧しています。

新しい高山駅舎。私的にはやや不満が残る構造

高山にもスタバはある。いつものルーティーン。スタバでひと時

こういった旅でのサーフェイスプロの優位点は

タブレットにもノートPCにもなるという変幻自在な

デバイスな事。

狭い場所とカフェのようなテーブルのある場所では

このスタイルは非常に助かります。

高山線の普通電車は転換クロスもあればロングシートもあり

その時々に応じて変えて使ってます

時と場所に応じて変形

iPadも捨てがたい点はありますが、

その最大点はGoodnoteが使えないとこでしょうか。

手書きソフトとしては本当に秀逸なので

惜しい気持ちです。

 

このサイトについて(プライバシーポリシー)