kutsu LOG(クツログ)

人生にゆとりを求める日々

Surface Pro 7について

Surface Pro4から7

変わらぬ操作感は ◎

 

今回、不具合で機種を変更。

中古でSurface Pro 7のAランク品を購入。

全く傷がないのと、バッテリ容量の劣化が少なかったのが

購入のきっかけでした。

キーボードもスタイラスペンも再利用ですので、

使用感が全く変わらないのは最高です。

同一メーカー製といえどコロコロ変わる

PCやモバイル端末の世界。

MacBookやレッツノートのよう変わらぬ操作感と言うのは

不要な手間を省き、作業性と生産性の向上に寄与するものです。

それがプロに選ばれる要因でもあると思います。

大きな違い

 

このサーフェース7も最新機種では無いので

今更解説の必要もないのですが、

違いを少し説明。

右側面のSurface Connect


外見的には大差ないサーフェースですが、

時代が違うと変わった点もあります。

一番はUSB-Cポートが付いている事。

私の会社のスマホもUSB-Cの物に変更になりました。

これで日常持ち歩いている電源周りアイテムの共通化が

進みます。

それに付随してUSBーC端子から充電できる

「PD」パワーデリバリーが使える事が大きい。

Surface Proの充電は、

専用のACアダプターを使っての給電になりますが、

Surface Connectというアップルで言う所の

「MagSafe」のような接続になります。

USB-Cでの充電はモバイルバッテリーなどでも充電でき

外出先での利用が便利になります。

何故か、公式ページの仕様表などには対応の記載がないので

少し心配でしたが、問題無しです。

USBを使って充電可能になりました

ペーパーライクフィルム

Surface Pro7にペーパーライクを貼ってみる。

Surface Proのディスプレイはとっても綺麗なのですが

問題なのは光沢(グレア)液晶な点です。

屋外で使用する前提ですと、アンチグレアの方が写り込みや

反射が少なく、視認性は上がります。

それと指紋が付きにくいのもありがたい。

人前で使うのに指紋だらけの画面ではプレゼンも恥ずかしいです

よね。

今回購入したものはサーフェース4でも貼っていた

ベルモンドというブランドのペーパーライクフィルムです。

質感的には厚めの用紙に書いてる感覚に近いかな

(画用紙のような)

 

慣れがあるのかも知れませんが

そもそもサーフェースはiPad Proなどと比較すると

超繊細なタッチにはやや劣る感があります。

(それは超些細な感覚ですが)

ペーパーライクフィルムは一見曇った感じに見えるが、表示中の違和感は無い

このサイトについて(プライバシーポリシー)