kutsu LOG(クツログ)

人生にゆとりを求める日々

Surface Proを使う訳

f:id:hiro9332:20220403195536j:plain

最近、Surface Proを使う訳

外出用パソコン、半年間使ってみての感想

自宅ではマックユーザーの私ですが、

ここの所もっぱら外出先ではSurface Proを

持ち歩いてます。

マックブックやiPadなど色々と持ち歩いた

末の結論ですが、その理由について述べたい。

一番の理由は「軽さ」

自分の中では気分的に

マックを持ち運ぶのが一番ですが、

最大のネックは重さ。

歳のせいか、1kg越すと

どうしても億劫になります。

 

と言うのも、仕事ではまだまだ紙も多く

資料などファイリングして持ち歩いてますし、

身の回りの必需品(メガネとか予備マスク、アルコールスプレー等)

も多いのでカバンも一杯です。

ですので、パソコンは軽く薄く軽快なものにしたい。

逆にプライベートでは少々重くても構わないのですが、

仕事では割り切ってWindowsです。

筐体の材質はマグネシウムで強度もあり、

重量は786gと軽量。

オンとオフをこなせる

前々から言ってますが、

いざと言う時のパソコンである安心感、

完全版のアプリが使えるゆとり、

これに尽きます。

iPadでは出来ない、

アプリが使いにくいなど制約を受けることが多い

iPad OSなので、完全なパソコンOSが使えるのは大きい。

あと、パソコンにもタブレットにもなる

2in1は非常に便利です。

将来的にMac OS搭載のモバイルPCが登場したら

移行すると思いますが。

WindowsとMacの共有

日頃、家ではMac、外ではWindowsで

作業している身としては

何とかスムーズに連携をしたいもの。

ただいま色々試行錯誤中です。

ちなみにApple同士の連携機能は

主だったもので以下の通りです。

AirDrop

瞬時に相手にデータ転送ができる機能

AirPlay

対応機器で送信側デバイスのコンテンツを

ストリーミングすることができる。

連携マークアップ

手持ちデバイスからMacの書類にマークができ、

即座にMac側へ反映できます。

連携スケッチ

iPadなどで書いた書類をMac側の書類に挿入できたりします。

サイドカー

MacでiPadなどを補助モニターとして使える。

 

上記のものは殆どはワンタッチで使え

使い易い最高のツールです。

goodnoteにiPadで書き込むと

Macの画面上にリアルタイムで反映される

のはホント感動ものです。

コピペも機種間を自由に行き来出来、

生産性向上に貢献しています。

Windowsとの共有策

私の場合、メインプラットホームがAppleですので

icloudでの共有を使っています。

Windows用のicloudをダウンロードして

AppleIDとパスワードでログインすれば

写真やブックマーク、ファイルなどを共有できます。

icloudフォルダーに共有したいファイルを入れておけば

デバイス間で共有できます。

f:id:hiro9332:20211115163514j:plain

問題点としては

出先で完結するにはどちらもネット

環境が必要です。

そうしますとどうしてもアップロードとダウンロードが

発生し通信料金もきになります。

 

単純にMacとWindowsでのファイルの受け渡しなら

Bluetoothでのファイル共有が良いかもしれません。

結局はWindowsってどう?

操作性の違いもあって慣れは必要ですが、

私の場合、仕事ではWindowsを使ってますし、

CADなどはWindowsしか対応してないものが

多いので問題は感じません。

スタイラスペンの活用

MacBookに無くてSurface Proにある機能としては

タッチペンとタッチスクリーンがあります。

使う前は、iPadと違って繊細な描画は不得意なのでは?

と思っていたSurface Pro。

実際はどんな感じでしょうか?

今回は純正のスタイラスペンとサードパーティー製の

2本で比較

基本データ

Microsoft純正スタイラスペン

サイズ 約146mm x 約9.5mm 

重量 約20g

材質 アルミ

電池 リチウムイオン電池

筆圧 4,096 段階の筆圧感知

価格 12,980円税込(実勢価格8,720円 Amazon)

 

f:id:hiro9332:20220403195638j:plain

KINGONE社製スタイラスペン

サイズ 143mm x 約9.5mm 

重量 約20g

材質 アルミ

電池 単6乾電池(連続使用600時間)

筆圧 4,096 段階の筆圧感知

価格 3,199円(税込 Amazon)

f:id:hiro9332:20220403195729j:plain

f:id:hiro9332:20220403195737j:plain

どっちが良い?

この辺の商品は表面上のスペックよりも

フィーリングとか書き味、

遅延の幅とかカタログ数値では出てこない世界です。

どちらもBluetooth接続では無く、瞬時に繋がる優れものです。

Microsoft純正スタイラスペンの感想

高い純正品ですが、質感はやっぱり良い。

あとマグネットでしっかり固定できるので移動時も

外れ無さそうです。

強さ的にはiPadとApplepencilと同程度。

繊細なタッチについては公平な判断ができません。

というのは、Macと同じ優れたアプリを入れてないからです。

アプリによる違いと保護フィルムによる違いって結構大きくて、

しかもiPadはペーパーライクフィルムですので

相当感覚が違います。

私的にはwindowsは手書きメモ程度に考えていましたので、

このレベルなら十分でしょう。

f:id:hiro9332:20220405202118j:plain
f:id:hiro9332:20220405202121j:plain
KINGONE社製スタイラスペンの感想

線を引いた時の遅延は

文字を書くとか図形を描くなどの

通常の使用では気にならないレベルです。

ただ、iPad+Apple Pencilには敵わない感じです。

具体的には繊細な筆圧は出ていないのでは?

と思ってます。

4096筆圧の繊細さが出ません。

(個人的な感想)

 

ディスプレイのサイドの磁気面に

ペンを取り付けた場合、磁力は弱く落下します。

パームリレクションという機能で、画面上に手を置いても

反応しない仕様との謳い文句ですが、正常に描けない場合がありました。

f:id:hiro9332:20220403202714j:plain

純正品は

価格差以上の差を見出せるかと言ったら

微妙なのですが、どちらもいい品質であることは

間違いありません。

 

このサイトについて(プライバシーポリシー)