伊賀焼窯元 長谷園を訪れて

スポンサーリンク
大人の旅・上質な旅景色

我が家定番の食器

長谷園という伊賀焼の食器

我が家でも長谷園の食器は愛用してます。

本来の伊賀焼は自然な土の風合いと

ビードロの美しさが特徴ですが、

日常の生活食器として考えると個性が際立ちすぎず、

扱いやすい方が良いと考えます。

長谷園さんのカタログは写真の質が高く、

唆られてしまいますが陶器は手に取らないと

質感や深みがわからない事も多いのも事実。

今回は実際に窯元を訪ね食器を吟味して買ってきました。

場所は

場所は伊賀市丸柱という集落で

窯元が集中している地区です。

歴史は古く、藩主・藤堂高虎や古田織部も愛した伊賀焼

f:id:hiro9332:20220304132215j:plain
周辺地図

この周辺は、

古琵琶湖と言われる琵琶湖の元祖があった場所。

それが変異し移動して今の滋賀県の位置になったようです。

(300万年から400万年前の琵琶湖は伊賀市周辺に存在)

そんな古琵琶湖の湖底に堆積した土が陶土として適しており、

古くから焼き物が盛んな地域です。

丸柱は山郷地域で位置的にも三重県と滋賀県の県境近く。

なのでアクセスが大変で、伊賀上野駅からもタクシーで20分程度かかります。

新名神高速道路・甲南ICからは車で15分。

多くの窯元の中でも全国的に知名度が高いのが「長谷園」です。

かまどさん

よくテレビやネットでも紹介されているヒットした土鍋「かまどさん」、

我が家の物ももう2代目になります。

結構長い事使ってますが、こんなに土鍋ブームが来るとは思いませんでした。

おうち時間の盛り上がりと共に更に売れてるみたいです。

f:id:hiro9332:20220304120202j:plain
f:id:hiro9332:20220304120133j:plain

山間のひっそりとした集落

JR伊賀上野駅から山道を進むこと20分

もう少し派手なお店かと思ったらなんとも素朴な佇まい。

周辺地域含めてひっそりとした山郷です。

高台から眺めると所々に焼き窯の煙突が見えます。

瀬戸や常滑、土岐などでも見られる焼き物の街風景です。

f:id:hiro9332:20220304120005j:plain
f:id:hiro9332:20220304120018j:plain

そこに長谷園があり、隣地には窯元が数件と旧登り窯、

大正時代の事務所だった建物「大正館」

そして1〜3展示室があります。

店内の撮影は出来ませんので外観と旧登り窯の写真です。

f:id:hiro9332:20220304115939j:plain
f:id:hiro9332:20220304115952j:plain

この隣接地にも2軒の窯元があり展示即売もしています。

一般に広く知れ渡った土鍋を始め、いまの生活に使える

食器が並んでます。

我が家的な選び方ですと、趣味としての陶器ではありませんので

作家性よりも実用性に重きを置いています。

歪みや不揃いなど、趣はあるけど日常は使いにくい物です。

それでも滋賀焼きの特徴でもあるビードロ・灰かぶり、

土の風味と小孔のある風合いは好きです。

f:id:hiro9332:20220304115911j:plain
f:id:hiro9332:20220304131404j:plain
左はクリーミーな泡ができるビールジョッキ。右は釉薬が綺麗な角皿

今回の購入品

今回は小鉢が欲しくて1〜3展示室を見て回る。

その中からこの4点をチョイス。

1個しか無い物が有ったりしますので、1対では買えませんでしたが、

良いものを買う事が出来ました。

f:id:hiro9332:20220304115822j:plain

食にとって器は大変重要なもの。

これでさらに美味しい料理が食べられそうです。

伊賀焼窯元長谷園【公式】

伊賀焼 – 伊賀焼振興協同組合

コメント