山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

アークテリクス・ブレード 6 バックパック

街のパックパック「ブレード 6 バックパック」

ご紹介するのはアークテリクスの

バックパック「ブレード 6 バックパック」です。

f:id:hiro9332:20211214202100j:plain

なぜ購入したか

今はアロー22も所有していて

これで街用としても十分なのですが、もう少し

コンパクトな MacBook持ち運び用の

鞄を探していました。

25×43×8cmと薄型でA4ファイルサイズ。

カフェで作業には最適なバックパックです。

f:id:hiro9332:20211214202145j:plain

シンプルな装い

まず見た目ですが、スッキリとしたルックスで都会的な

シンプルさです。このバックパックは

ラップトップやタブレットを持ち運ぶことを想定していて

取手はトップ方向とサイド方向に付いており、

出し入れはサイドからになります。間口は大きく

ジッパーも広く開けられますので、

MacBook Pro 13インチでしたら余裕で収納。

内部は2室に分けられていて、小物収納のポケットも

付いています。

ガジェット類やA4ファイルもそのまま入る便利さ。

f:id:hiro9332:20211214202130j:plain
f:id:hiro9332:20211214202207j:plain

アローとの違い

アローはやっぱり山でも使えるタイプのバックパックで、

背面が蒸れないように湾曲背面だったり、

ハードな歩行にも耐える物ですが、こちらはあくまで街仕様。

ジッパーも止水ジッパーではないので、防水性能は余り強く

ない感じです。

厚さも無いので、大きな嵩張る物は入らないので注意です。

あと、やたらアークテリクスのロゴが大きい。

上の写真がアロー22、下がブレード 6 バックパック。

f:id:hiro9332:20201120173557j:image

f:id:hiro9332:20211214201943j:plain

私はこのロゴは大好きなので気になりませんが、

気になる方もいるかもしれませんね。

余り重量物は入れない想定ですので、ベルトも

胸の部分と腰のベルトはありません。

あくまで適量のアイテムを街中で持ち運ぶ想定なのでしょう。

その割には生地は丈夫なナイロン素材です。

重さは865gですが、すごく軽快です。

 

なかなかこのサイズのものは持ってなくて、

あとはビジネスカバン位でしたので、

おしゃれな鞄が増えてテンションも上昇です。

 

(アークテリクス)arcteryx ブレード6 arcteryx Blade6 Backpack 16180 BLACK artx-021