山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

最高の連携を考える

f:id:hiro9332:20211116123348p:plain

Appleでの作業をWindowsで

Windowsとの共有

日頃、家ではMac、会社ではWindowsで

作業している身としては

何とかスムーズに連携をしたいもの。

ただいま色々試行錯誤中です。

ちなみにAppleの連携機能は

主だったもので以下の通りです。

AirDrop

瞬時に相手にデータ転送ができる機能

AirPlay

対応機器で送信側デバイスのコンテンツを

ストリーミングすることができる。

連携マークアップ

手持ちデバイスからMacの書類にマークができ、

即座にMac側へ反映できます。

連携スケッチ

iPadなどで書いた書類をMac側の書類に挿入できたりします。

サイドカー

MacでiPadなどを補助モニターとして使える。

 

上記のものは殆どはワンタッチで使え

使い易い最高のツールです。

goodnoteにiPadで書き込むと

Macの画面上にリアルタイムで反映される

のはホント感動ものです。

 

Windowsをどうにかしたい

もしここまでのシームレスさを求めるなら

エミュレーター等を使うしかないと思われますが、

今日はデータ移動についてのお話です。

基本的に機種間データー移動はクラウドが主流です。

私的には余分なアプリを入れるのは避けたいので

基本機能で連携を模索しています。

現在まではicloudを使っていますが、

たとえば、iPhoneで写真撮影し

iPadでスケッチ追加、そしてMacBookでレタッチ、

それをWindowsでページレイアウトをする場合、

素材の受け渡しはどうします?

USBメモリーなどでも良いのでしょうが、

私はこのひと手間が嫌いで

もっとスマートにしたいなと思ってます。

Adobe

Adobe製品はCreatvie Cloudに

非同期ユーザー間での編集ができます

右上のマークでプラットフォームに関係なく

機種間編集が可能です。

f:id:hiro9332:20211115161020p:plain

元々、cloudドキュメントですと

機種間編集は可能になってました

(同一アカウントで、フォトプラン購入時)

 

Microsoft365

こちらはOneDrivecloudストレージと使った

サービス。

データーはクラウド上に保存されるため

継続作業ができる。

 

これらのサービスを使う上での注意点

リアルタイムな連携には対応しておらず、

基本データーの共有だけです。

保存時の不意な上書きに注意。

 

共同での編集

私の場合、メインプラットホームがAppleですので

icloudでの共有を使っています。

Windows用のicloudをダウンロードして

AppleIDとパスワードでログインすれば

写真やブックマーク、ファイルなどを共有できます。

icloudフォルダーに共有したいファイルを入れておけば

デバイス間で共有できます。

f:id:hiro9332:20211115163514j:plain

問題点としては

出先で完結するにはどちらもネット

環境が必要です。

そうしますとどうしてもアップロードとダウンロードが

発生し通信料金もきになります。

 

単純にMacとWindowsでのファイルの受け渡しなら

Bluetoothでのファイル共有が良いかもしれません。

 

次の投稿では

Parallels DesktopによるMacでWindows環境構築

について語ります。

yama-to-seikathu.info

yama-to-seikathu.info