山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

ロープの結び方

f:id:hiro9332:20211016221529p:plain

ロープワークの基本

登山をやる上で覚えておくと便利なのが

ロープワーク(結び方)です。

もちろんロープを使う山では必須技術ではありますが

日頃から慣れておく事が肝要です。

 

種類と用途

まず結び方の呼び名としては以下があります。

ノット・・・ロープ同士の結束・連結

ヒッチ・・・ロープをカラビナや木などに連結

上記が基本ですが、

やや曖昧な名前のものもありますので

絶対ではありません。

基本の結び方

エイトノット関係

一番よく使われる結び方で、

例えばハーネスとロープを連結するときに使う基本形です。

8の字結びとも言います。

注意点 

結んだロープ端の余長は10D以上(ロープ径の10倍以上)とする。

尚且つ、端部はオーバーハンドノット(固結び)をして緩み止めを施します。

 

f:id:hiro9332:20211016200513j:plain

フィギュアエイト

ハーネスなどに結ぶ時はこの方法を使います。

端部はオーバーハンドノットで緩み防止してます。

f:id:hiro9332:20211016200545j:plain

ロープ連結

2本のロープをエイトノットで連結する場合は1本で8の字を作り

相手のもう1本を逆に通していきます。

 

インラインエイトノット

ロープの中間に輪を作り

アブミ(梯子)の代わりにしたり、手掛かりにしたりできます。

f:id:hiro9332:20211016200448j:plain

ガースヒッチ

ガースヒッチは支点となる木やカラビナに

スリングを繋ぐ際に使われます。

単純ですがよく使います。

f:id:hiro9332:20211016200602j:plain

フィッシャーズノット・ダブルフィッシャーズノット

ロープ同士の連結に使います。

この結び方は強固に結べて解きやすい。

ロープでスリングを作る時はこの方法で結ぶ。

メインロープの連結の場合は端部を更にオーバーハンドノット

(固結び)した方がいいと思う。

巻数を1回にしたものがフィッシャーズノットですが、

やはりダブルにするべきだと思います。

この結び方もロープ端部の余長は10D(ロープ径の10倍)

としましょう。

f:id:hiro9332:20211016200503j:plain

フリクションヒッチ

これらの結びは昇降用として使われます。

ロープに補助ロープ(ロープスリング)を巻き付け

摩擦抵抗で動きを止めたり稼働したりでき

レスキューなどではよく使われます。

テンションが掛かる方向には摩擦抵抗で

制動が効きますが、逆にテンションを

抜くと動かせる仕組み。

アッセンダーの代わりとして使う事ができます。

それぞれに摩擦の強度は違いますが、ロープ径の差が大きいほど

摩擦が大きく制動力が上がります。

f:id:hiro9332:20211016200610j:plain
f:id:hiro9332:20211016200505j:plain
f:id:hiro9332:20211016200524j:plain
f:id:hiro9332:20211016200538j:plain
クローブヒッチ

メインロープでのセルフビレイなどの場面で

使われる。結びやすく慣れたら片手で結べる。

f:id:hiro9332:20211016200531j:plain

ムンターヒッチ(半マスト)

クローブヒッチに近いが

確保や懸垂下降にも使える。

ロープがキンクしやすいのと痛みやすい。

それを応用したのが以下のムンター&ミュール。

懸垂中の制動固持に使う

f:id:hiro9332:20211016200445j:plain

 

今回紹介した結び方は基本中の基本ですが、

使用頻度の高いものですので

山を目指す方は

これらのロープワークは覚えておくと

何かと便利です。

 

yama-to-seikathu.info

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村