山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

アルファ米と干し飯

いざという時に役立つアルファ米

Amazonのタイムセールで

尾西食品のアルファ米のセットが安かったので

購入しました。

 

アルファ米とは

米の主成分澱粉の変化には

ベータ化とアルファ化

があります。

ベータ化は分子結合が強く人間の

消化しにくい構造ですが、

加水加熱する事でアルファ化(糊化)します。

それを急速乾燥する事でアルファ化が復元する

お米(澱粉)になります。

f:id:hiro9332:20210926174406j:plain

最近のアルファ米はバリエーション豊か

14種類の味がパックになってますが、

山では山菜おこわか赤飯がデフォだった自分。

こんなに味が増えていて驚きです。

内容は

白米・赤飯・五目ご飯・山菜おこわ・わかめごはん

きのこご飯・松茸ごはん・ドライカレー・チキンライス・

エビピラフ・白粥・梅粥・塩昆布粥

のセットです。

 

山でアルファ米ばかりだったので

ちょっと飽きてますが、味が変わると試してみたくなります。

f:id:hiro9332:20210926174410j:plain

登山の食事に最適

アルファ米は

水で1時間、お湯で20分でちゃんとしたご飯になり,

また消費期限が5年間ですので、非常食として備蓄に最適です。

 

軽いのとパッキングしやすい物なので

テント泊での主食としては定番になってます。

 

  • カロリー:白飯366kcal、赤飯355kcal、山菜おこわ359kcal、五目ごはん377kcal、わかめごはん361kcal、白がゆ150kcal、梅がゆ151kcal、ドライカレー361kcal、チキンライス356kcal、えびピラフ357kcal、きのこごはん362kcal、松茸ごはん366kcal、塩こんぶがゆ164kcal、たけのこごはん359kcal (1食あたり)

今度の山行きに持っていきたいな

 

古来の携帯食 ほしいい

現在のアルファ米は元々、

ほしいい(乾飯・干し飯)と言われ

昔から携帯食として食べられて来ました。

作り方は蒸した米を天日で乾燥させる物。

戻し方はアルファ米と全く一緒で

水かお湯で戻します。

以前、一度チャレンジした事があります。

乾燥させるには気温と湿度が重要で、

カビない様に作るのは難しいので、昨今は

オーブンやレンジを使うといいでしょう。

米は水分量を少なめにします。

ご飯からの場合、冷や飯を水洗いし

ぬめりを取ります。

後は電子レンジで3分加熱、蒸気を飛ばす

これを繰り返し水分含有量を減らしていくだけ。

昔から米文化の日本ならではの知恵ですね。

生米からでも行けるのか

昔、大河ドラマを見ていたら気になるセリフが

ありました。

関ヶ原の決戦前の徳川家康が部下に以下のように

指示します。

「○○、決して生米は食うなよ。この天気では飯は焚けまい、

水に浸しておいて・・・・・戌の刻に食えと」

戌の刻とは今の時刻で午後8時くらい、

関ケ原の合戦スタートが朝8時とすると12時間も浸しておけと?

本当はどうなのか、聞き間違いかなぁ。

試すのもアレなので

検証はしないですが

 

山ではシャリバテしない様に

意識的にエネルギー補給が必要ですが、

お米と言うのは持続性の高い栄養食と

言えるでしょう。

yama-to-seikathu.info

yama-to-seikathu.info

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村