山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

一人登山で飛驒路へJRで安くアクセスする方法

JRで山登り、お得な方法は?

高山から新穂高登山口までの移動比較

f:id:hiro9332:20210902213904j:plain

愛知から北アルプスへ登山に行く場合、

大人数なら車移動の方が安く上がるのでしょうが、

一人の場合割高になってしまいますし、とにかくガソリン価格も高く

運転するのも大変です。

そんな事で

今回は奥飛騨へ安く行ける方法についてご紹介。

方法としては3通りしかありません

1,自家用車・レンタカー

2,JR線

3,高速バス

個人的な考えとして、

体力的に寝て帰れる公共交通機関は鉄道が最強だと思うわけです。

車移動

車移動はコストよりも

体力的に一番辛く、一番リスクが高い。

名古屋から新穂高温泉まで車移動の場合、

距離 208km 3時間15分 往復高速代8,460円

ガソリン代2,187円×往復=4,374円

バス移動

バスは一番安いが、時間の正確さが

道路事情によって大きく変わってくる。

あと、3列シートならマシだが、

4列は結構キツイ。

 

自宅〜名古屋駅

名古屋バスセンター〜高山BT

3,100円×2=6,200円

高山BT〜新穂高温泉

2,200円×2=4,400円

トータル10,600円+名古屋市内交通費

JR線を利用する場合、

通常の特急料金の場合は

自宅〜名古屋駅までのJR運賃に

名古屋~高山間の往復特急乗車券 (指定席)

5,940円×2=11,940円

高山~新穂高温泉 バス

2,200円×2=4,400円

トータルで名古屋から新穂高までで16,340円になります。

これだけ見ると一番高いのですが、

登山の前後での体力温存には列車が一番楽です。

そしてJRにはとてもお得な切符もあります。

お得な切符

JRではお得なキップとして、

JR東海が販売している飛騨路フリー切符を

発売しています。

一応、3日間と言う制限は付きますが、

登山にも使える切符です。

 

内容は、

1、名古屋市内〜高山駅までの往復指定乗車券、

2、飛騨古川〜高山〜下呂〜飛騨金山

 間のフリー券(普通列車と自由席特急)

 乗り放題切符。

3、バス高山〜平湯〜新穂高温泉間のバスフリー乗車券

4、新穂高ロープウェイの割引券等等 割引券

上記セットで12,370円です。

f:id:hiro9332:20210902164122j:plain

この切符の良いところは

名古屋の場合、市内発である点。

自宅最寄駅から名古屋駅までの運賃も含まれているため

無駄な運賃は発生しません。

 

乗り遅れたり変更の場合

自然を相手にする登山で一番気になるのがこの点でしょうか。

山はどうしても予定通りにいかない事もあります。

その場合の変更や払い戻しについては

以下の通りになります。

災害等による運休時

・払い戻しされます。

キャンセルの場合

・乗車前なら手数料を引いた分が払い戻される

・払い戻しは駅窓口で可能。

乗車列車の変更の場合

・予定便乗車時間以前の便への変更は指定席に空きがある場合は可能。

・特急の自由席には乗車可能。

乗り遅れた場合

・乗り遅れた便の当日ならば自由席特急列車に乗車可能。

・乗車日がズレた場合(3日間以降)は普通列車には乗車可能

・特急乗車の場合は別途特急券が必要

 

この切符がなかなか使い勝手が良いので

登山によく活用してます。またビジネス用途としても

最適なプランです。

飛騨の主要な駅間が乗り放題なのが嬉しいです。

注意点

まず使用できる期間ですが、3日間です。

繁忙期を除く通年販売です。

お盆休みや年末年始、GWは使えません。

 

飛騨路フリー切符

日帰りコース

JR東海ツアーズでは1DAYツアーもあります。

8,900円で特急指定席往復とクーポンが付いてます。

大体1,000円相当のお弁当券とかなので

サッと日帰り出張にも良いプランです。

ec.jrtours.co.jp

結論

上記のように安さで言えばバスが一番なのですが、

その差額は僅かです。

時間的に一番正確なのが鉄道で、

尚且つ、体力的にも鉄道が一番有利ではないでしょうか。

日帰り登山のついでにちょい旅したり、

下呂温泉に寄ってみたり、

楽しみ方の幅が広がります。

これはお勧めです。

yama-to-seikathu.info

yama-to-seikathu.info