部屋の植物たちのクリーン化

観葉植物
スポンサーリンク
スポンサーリンク

部屋の植物たちのクリーン化

衛生的な鉢植えで虫のいない部屋へ

室内で観葉植物を育てていると

何が困るかというと今からの季節、

コバエとか虫が湧くこと。

原因は栽培用土にあります。

自然の培養土は栄養豊富ですが、

どうしても温床になりやすい。

今回はその原因を絶つべく、

土を改善してみました。

使用材料

ハイドロボール

f:id:hiro9332:20210606062222j:plain

ハイドロボールは粘土を高温で焼き

発泡化させたもので、多孔質ですので

水分や酸素を蓄え、水耕栽培の用土として

衛生的に使えるものです。

セラミスグラニュー

f:id:hiro9332:20210606062235j:plain

セラミスグラニューは

ハイドロボール同様、多孔質の栽培用土で

レンガ屑のような物です。

通気性がいいのと水捌けが良い事、

水管理がしやすい事などメリットも多い。

ただこの用土を使っても100%虫の発生を

抑えることは難しいので日々の管理は必要です。

あと白カビの発生にも気を付けなければいけません。

 ソフトシリカ ミリオンA

f:id:hiro9332:20210606062226j:plain

ミネラル水に浄化改質するとのことで

ハオドロカルチャーにはよく用いられている

ケイ酸塩白土。

水耕栽培の根腐れ防止剤として結構使われています。

水耕の場合は底に引いて、土での栽培では混ぜ合わせて使います。

植え替えてみました

今回は3鉢これらの用土を使って植替えました。

2鉢はパキラ

セラミスグラニューで植えたパキラ

セラミスグラニューで植えたパキラです。

下地にはソフトシリカを入れてます。

穴無し鉢でも使える素材ですので水耕栽培の用土としても

使えるそうですが、今回は穴あり鉢で使ってます。

f:id:hiro9332:20210605210255j:plain

水耕栽培のパキラ

こちらは水耕栽培にしてみました。

ハイドロボール(中粒)を使用し、底面はやはりソフトシリカを

ひきました。

鉢は穴無し鉢の中に塩ビポットを入れて

水耕栽培としてます。

f:id:hiro9332:20210605210234j:plain

シュガーバイン

鉢は100均のガラス容器を使って

仕立ててみました。

中身はパキラと同様、ハイドロボールとソフトシリカ。

挿木していたものから根の張りの良いものを

植えています。

f:id:hiro9332:20210605210214j:plain

植え替えたあとに液体肥料で養分補給。

2週間程度に1回は液肥を与えるとよく育ちます。

ホント液肥を与えるとすくすく伸びてびっくりします。

小鉢の場合、あまり大きくなり過ぎても困るので、

剪定ついでに

切り戻しをすると増やす事ができます。

クリーンでかわいい鉢植え ハイドロカルチャーのクロトン

ハイドロ仕様のクロトンです。

実は私にとってあまり聞き馴染みの無い

植物。ただその葉っぱの色彩が気に入り

購入、育てています。

クロトンと言う植物はマレー半島などの

暖かい地域の原産ですので

寒さに弱く耐陰性も弱いです。

若干デリケートな面がありますが、南国的な

葉っぱがお部屋のアクセントになります。

この品種は葉っぱの色彩を楽しむ植物ですね。

f:id:hiro9332:20210529172415j:plain

ハイドロ仕立てなので

衛生的に育てられるのが良くて、

イヤなコバエなどに悩まさることはありません。

虫と言えば、

室内での栽培では最大の悩みの種。

最近もバジルが虫の被害に遭って散々でした。

夏にかけては発生を抑える対策を実施予定。

サイズ的にもデスクトップに置くには良い感じです。

自室はもう植物園状態なので、

卓上は小さな鉢物にシフトして行きたいです。

これからの季節、

楽しみ一杯の室内園芸です。

観葉植物
スポンサーリンク
hi-iwaをフォローする
スポンサーリンク
kutsu LOG(クツログ)

コメント