山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

妙義山は凄いぞ!

かっこいい山、妙義山

f:id:hiro9332:20210521201421j:plain

 


妙義山について

妙義山は群馬県甘楽郡下仁田町・富岡市・安中市

の境界にある山。

標高は僅か1,103mと低く、一見低山レベルに思われがちだが、

登山道としては非常にレベルの高い山です。

遭難者数も多く、死亡に至る事故も多い。

一時登山禁止も議論されたが、

地元山岳会の努力で維持されています。

ただ、登山経験が浅い方には

あまり積極的に推奨しないルートでもあります

とにかく外観からして魅力的な山

f:id:hiro9332:20210521201538j:plain

日本三大奇景の一つ、

妙義山には表妙義と裏妙義があり、

金洞山、白雲山、金鶏山が表妙義、

谷急山、丁須の頭、御岳等 を裏妙義と言います。

 登山ルートについて

この山のルートとしては、

妙義神社から石門広場に通じる中間道

妙義神社から稜線を歩く稜線コース

がメインルートと言えるでしょう。

(中間道の第四石門は落石のため現在は通行止めです。)

 

コースタイム

以前の自身の記録は以下の通りです。

トータルで6時間程です。

参考までに


妙義神社登山口6:05~大の字6:37~奥の院7:00~

見晴7:25~白雲山山頂~大のぞき7:53~タルワキ沢のコル8:31

~相馬岳8:41~分岐9:02~堀切9:41~鷹戻しの頭10:28~

東岳11:28~中ノ岳11:38~分岐11:46

~石門広場12:02~大砲岩12:19~妙義神社13:36

表妙義ルート図

f:id:hiro9332:20210521220536j:plain

スタート

妙義神社からスタートします。

看板には上級者コースの文字。このコース全般に言える事ですが、

やたら注意看板が多い、あと行方不明者の立て看板も時々ある。

f:id:hiro9332:20210521221026j:plain

大の字と奥の院

大の字

最初から結構スリリングです。

まずは大の字で鎖の感触を確認。

落ちたら怪我しますので慎重に

f:id:hiro9332:20210521221436j:plain
f:id:hiro9332:20210521221424j:plain
f:id:hiro9332:20210521221755j:plain

奥の院

奥の院を過ぎたら最初のルンゼです。

ここでヤバいと思ったら迷わず引き返しましょう。

登るはイイけど下りもありますので

f:id:hiro9332:20210521221840j:plain
f:id:hiro9332:20210521221851j:plain
見晴到着

稜線に出ました。

とても見晴が良いです。

f:id:hiro9332:20210521222223j:plain

見晴を過ぎると直立2m三連梯子です。

f:id:hiro9332:20210521222409j:plain

大のぞき

大のぞきからの展望

大のぞきの手前に白雲山の山頂があります。

ここは北面へ巻くルートなので

結構気付かずに山頂をスルーしがちです。

御嶽三社大神の石碑があります。

f:id:hiro9332:20210521222514j:plain

f:id:hiro9332:20210521222555j:plain

滑り台状の30m鎖場

上からと下からの写真です。

滑りやすいので注意。

f:id:hiro9332:20210521223206j:plain
f:id:hiro9332:20210521223142j:plain
天狗岩

ここらでホッと一息入れましょう。

緊張をほぐして体を休ませ用とするが、

注意看板を見てしまうと心落ち着かない。

タルワキ沢のコルにある看板。

ここでエスケープ出来ます。

f:id:hiro9332:20210521223501j:plain
f:id:hiro9332:20210521223607j:plain
相馬岳通過

天気の良い日は最高のロケーション。

ここが表妙義最高点。

そう言えばこの付近でも熊が出没する模様。

念のために熊よけの鈴は持っていってください。

この先に旧国民宿舎方面への分岐あり

f:id:hiro9332:20210521223835j:plain
f:id:hiro9332:20210521223850j:plain
茨尾根

ザレた尾根なので歩行注意。

写真は茨尾根のピークからの眺め

f:id:hiro9332:20210521224105j:plain

ホッキリの看板

随所にこの様な看板があります。

f:id:hiro9332:20210521224218j:plain

8m鎖場と鷹戻り

いよいよクライマックス。

まずトラバースの鎖場

f:id:hiro9332:20210521225109j:plain

 

鷹戻り最初の鎖場と梯子

f:id:hiro9332:20210521225532j:plain
f:id:hiro9332:20210521225601j:plain

 

ここからはしばらく鎖との格闘

全体で50mの登りと言われている。

f:id:hiro9332:20210521225436j:plain
f:id:hiro9332:20210521225450j:plain

登り切ったところ。

傾斜は結構強い。

f:id:hiro9332:20210521225502j:plain

登ったと思ったら当然下りがきます。

多分ここの鎖場が事故率が高いのでは無いかと思います。

ルンゼ状で微妙にハングしているので足が浮きます。

高さは25mです。

f:id:hiro9332:20210521230456j:plain
f:id:hiro9332:20210521230510j:plain

f:id:hiro9332:20210521231106j:plain

東岳山頂

f:id:hiro9332:20210521231220j:plain

稜線への入り口のは警告看板

f:id:hiro9332:20210521231318j:plain

星穴岳方面は登山禁止

ちなみにこの先星穴岳方面は登山禁止であるが、

星穴というネーミングの良さと

ぽっかり空いた穴が空中懸垂を楽しめるとあって

結構なパーティーが入ってる。

かつては登山道があったが、

昭和45年に女子高生2名の遭難事故があり廃道となっている。

星穴の岩場は非常に脆くロープがないと厳しい。

40m程度の懸垂下降が必要なのと鎖が朽ちていて

怖くて触れないです。

最後に 

いかがでしたか。

すごく魅力的な妙義山。

紅葉や桜の時期も綺麗ですので

登らずとも眺めるだけでも魅了される。

ぜひ一度訪れてみて欲しい場所です。

yama-to-seikathu.info

 

yama-to-seikathu.info

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村