山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

多治見モザイクタイルミュージアム

タイルの生産地、多治見にあるミュージアム

岐阜県多治見市にある

モザイクタイルミュージアムの紹介です。

このコロナ禍でも営業はしていますが、

土日祝日は予約制になってますのでご注意。

 焼き物が盛んな土地。東濃

可児から多治見、土岐、瑞浪市辺りは

美濃焼という焼き物が盛んな地域。

それと同じく

モザイクタイル発祥で生産が盛んな

多治見市笠原町。

確か鈴木ちなみさんの出身地だったかな。

ここの名所が「モザイクタイルミュージアム」

モザイクタイルの今

モザイクタイルは、

最近では一般家庭であまり見る事もなくなりましたが、

今ではアート建築の素材としての需要も高まってます。

新しいデザインの物も生み出され

古くて新しいアイテムと言えます。

 

独創的な外観

f:id:hiro9332:20210507080019j:plain

設計は建築家で東京大学名誉教授の藤森照信さん

タイルの原料である粘土土がモチーフです。

敷地は街の中にあり面積も実際には広くないのですが、

何だか草原の中に佇む不思議なお屋敷感が出てて

まるでスタジオジブリの作品の中にいるよう。

本当に映える場所です。

 

展示内容

f:id:hiro9332:20210507074235j:plain

セレクトされたタイル製品やタイルの製造工程、

歴史などタイルに纏わる展示がたくさんあります。

常設展示に加え企画展示も開催。

体験工房もありますので大人も子供も楽しめる場所です。

f:id:hiro9332:20210507074226j:plain
f:id:hiro9332:20210507074218j:plain
f:id:hiro9332:20210507074206j:plain

モノによっては

そう言えば田舎のおばあちゃんの家にあったなぁ〜

と言う懐かしいタイル製流しとか

ちょっとレトロチックな物もあって楽しい。

イマイチ一般にはコマーシャルされていないので

知らない人も多いけどオススメです

【アクセス】

JR多治見駅よりバス(笠原線)モザイクタイルミュージアム下車すぐ 所要時間約17分

 

www.mosaictile-museum.jp

 陶器に興味がある方は

その他、多治見には焼き物の美術館も

いくつかあります。

一緒に回ってみるのも楽しいですよ。

www.cpm-gifu.jp

www.tajimi-bunka.or.jp