山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

NFCタグの活用

スマートな生活の手掛かりNFC

 

f:id:hiro9332:20210421105352j:plain

結構便利NFCタグ

NFCタグというものをご存知でしょうか。

いわゆる交通系ICカードなどでも知られる

ピッと支払いが完了するアレも同類のものです。

このタグの中にアクションを記憶し

かざすだけでiPhoneを動作させる事ができます。

以前より興味はあったのですが、

今回試してみました。

スマートな生活のヒントはありそうです。

 

NFCタグにもメモリー容量があり

144バイトとか504バイトのものが市販されてます。

Android携帯などでは結構前から使われていますが、

iPhoneではiOS13から使えるようになりました。

 iOS標準のアプリを使う

iPhoneには標準でショートカットという

アプリが入っています。

f:id:hiro9332:20210421214703j:plain

 

またNFC管理アプリとして

「NFC Tools」というアプリも

管理がしやすく便利です。

f:id:hiro9332:20210421224639p:plain

今回は純正アプリを使用した設定を紹介ます。

 

NFCタグへの書き込み方法

ショートカットを立ち上げると

下のような画面になりますので、一番下の欄にある

「オートメーション」を開きます。

 

f:id:hiro9332:20210421214837j:plain


新規オートメーションの画面から

個人用オートメーションを作成を選びます。

f:id:hiro9332:20210421210434j:plain


そこで色々メニューが出てきますが

その中の「NFC」をクリック

f:id:hiro9332:20210421210500j:plain

 

スキャンをクリックし、手持ちのNFCタグに

iPhone本体(上部)をかざします。

f:id:hiro9332:20210421215442p:plain
f:id:hiro9332:20210421215633p:plain

アクションを書き込もう

かざしてiPhoneが正常に読み取ると
タグの名前を入力をします。

ここでは例として

「現在地の天気」

を作成してみましょう。

f:id:hiro9332:20210421220154p:plain
f:id:hiro9332:20210421220157p:plain

 

OKをクリック

続いて実際のアクションを選択していきます。

アクションを追加をクリック

f:id:hiro9332:20210421220336j:plain

一覧の中の

「APP」を選択

アプリの一覧が出てきますので、例として「天気」を選択します。

f:id:hiro9332:20210421210445j:plain
f:id:hiro9332:20210421220647j:plain


お天気アプリの中で

アクション設定できるメニューが出てきます。

f:id:hiro9332:20210421221034j:plain

その中から
現在の天気を取得を選択

「次へ」をクリック

以下の画面が出ましたら完了をクリックして終わりです。

 

「実行の前に尋ねる」をオフにすると

かざして直ぐに天気が表示されるので素早くみれます。

例えば

アクションで「〇〇さんへ電話」とかのアクションの場合は

実行前に尋ねた方が間違って動作させた場合でも

アクションの実行中止ができますので、

用途に応じて設定してください。

f:id:hiro9332:20210421221241p:plain

Siriショートカットなどに対応した

スイッチボットなどのスマートホーム機器

Nature Remo3などでは連携も可能です。

家に帰ったらスマホかざして家電をオン

これでスマートホーム計画を立てたくなりますね。

 

ンワサプライ NFCタグ(10枚入り) NXP NTAG213 ホワイト MM-NFCT

 

 

Nature スマートリモコン Nature Remo 3 ネイチャーリモ Remo-1W3 Alexa/Google Home/Siri対応

 

関連記事

yama-to-seikathu.info

yama-to-seikathu.info