山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

M1MacでWindowsって使える?

 M1MacにWindows

f:id:hiro9332:20210418170036p:plain

 

はじめに

前にMac標準の機能、Boot Campを使って

インテル搭載MacへのWindowsインストールをしました。

今回は、M1MacにWindows10を

インストールして使えないか

実践してみた次第です。

結論から言うとMac上でWindowsが動作する

事は分かっているのですが、パフォーマンス

とソフトの相性を検証を目的に実施しました。

使ったのParallelsと言うエミュレーター

Mac上に仮想Windows空間を作るものです。

ですのでBoot Campのように領域の割り当てや

フォーマットは必要ありません。

 

制約がある

一見便利なものですが、現在は多少の制約を受けます。

Parallelsは有償版になり安定感は増しましたが、

肝心なWindows10のARM版はベータ版です。

まずソフトウェアは32ビット版しかインストールできません。

OSの対応具合によって、

ヘビーなソフトでは上手く動作しない場合も

ありえますので注意が必要です。

インストール手順

www.parallels.com

流れとしては以下の通りです。

1、Parallels Desktop のダウンロード

2、Windows10 ARM版のVHDXファイルのダウンロード

3、Parallels Desktopのインストール

4、Parallels Desktop上からVHDXファイルを実行

5、Windows10インストール

サイトからDL

上記からParallelsのサイトを開きます。

有料とトライアル版がありますが、

とりあえず14日間無料トライアルを選びます。

試してからの購入が無難です。

f:id:hiro9332:20210418144131j:plain

Parallels Desktop の Apple M1チップ用のファイルを

ダウンロードします。

(下の画面の赤い枠内)

ここで実行しても問題はありませんが、

Windows本体のVHDXファイルが無いため

検索で見つけられません。

下記のARM版WindowsをDLすれば

一覧に出てきます。

f:id:hiro9332:20210418145346j:plain

ARM版WindowsをDL

今度はARM版のWindows10をダウンロードします。
www.microsoft.com

サイトを開くと以下のような画面になりますので、

所定のボタンをクリックして進みます。

f:id:hiro9332:20210418150338j:plain



f:id:hiro9332:20210418151135j:plain


サインイン

ここで自分のMicrosoftアカウントでサインインします。

f:id:hiro9332:20210418151416j:plain

チェックを入れ

Register Nowをクリック

f:id:hiro9332:20210418151946j:plain

ダウンロードページが出ますので

クリックしてダウンロードします。

 

f:id:hiro9332:20210418152434j:plain

Parallels Desktopをインストール

Parallels Desktopをインストールします。

 2項でダウンロードしたファイルを実行します。

f:id:hiro9332:20210418152818j:plain

Windowsインストールの準備

インストールアシスタントが起動します。

ここで自動で M1用のVHDXファイルを検察しますが、

出てこない場合は手動で指定できます。

先ほどマイクロソフトからダウンロードしたファイルを指定します。

ファイル名は

Windows10_InsiderPreview_Client_ARM64_en-us_21354.VHDX

f:id:hiro9332:20210418152923j:plain

下の画面のファイル名は

クラウド上のntel版のファイルを勝手にサーチしてしまってます。

このファイルではインストールできません。

必ず

Windows10_InsiderPreview_Client_ARM64_en-us_21354

を指定してください。

f:id:hiro9332:20210418153702j:plain

適合したファイルを指定するとインストールが始まります。

以下のような画面だ出ますので進めていきます。

f:id:hiro9332:20210418154036j:plain
f:id:hiro9332:20210418154105j:plain
f:id:hiro9332:20210418154157j:plain
作業完了、初期設定では英語

Windowsのインストールが終わりました。

実際立ち上げてみます。

初期設定では英語になってますので

setting → Time&Language → Add a Language

で日本語を追加します。

そしてWindows Display Language欄を日本語へ変更してください。

f:id:hiro9332:20210418154447p:plain
f:id:hiro9332:20210418154450p:plain

動作確認

ソフトウェアをインストールしてみました。

f:id:hiro9332:20210418161829j:plain

とりあえずCADソフト(Tfas)

を入れてみるが、

文字化けしてました。

もう一本、JW CADと言うフリーの

CADソフトも入れてみましたが、

こちらも若干日本語が変。

文字コードが違うのかもしれませんね。

メニューが文字化けしてても

操作はできそうですけど使いづらい。

なかなか本格運用には遠いかな

f:id:hiro9332:20210418161952p:plain

それ以外、

基本動作自体は快適に動いています。

ウェブ閲覧やYouTube視聴については

とても快適です。

表示の遅れもありませんし、安いWindows機より

快適なくらいです。

Officeも全く問題ありませんでした。

と言うことで

コアなソフト以外はなんとか行けそうですね。