山登りと豊かな生活ブログ

気持ちの良い暮らしを目指して

珈琲いかがでしょう〜山で珈琲を嗜む

山での楽しみをプラス

山での食事はいつにも増して美味しいもの。

更に美味しいドリップ珈琲があれば

最高だと思いませんか。

どうしても軽量化のため、インスタントコーヒーにしたり、

火器自体を持っていかない場合もあるでしょう。

しかし、昨今は感染症対策で県を跨いでの

移動も控えたいもの。

都市部の人は近所の低山で我慢するしかなく、

山へ行く機会も減ってる事でしょう。

そんな時に、こんなアイテムを持って

ストレスを解消しに行くのも悪くないです。

今回はコーヒーで一服の道具です。

新しいミル

今回、新しいミルが欲しくて物色

携帯性が良くて、山だけじゃなく旅行でも

使えるような物をチョイスしました。

それがポーレックス コーヒーミル・II ミニです。

ポーレックス コーヒーミル・II ミニ 

www.porlex.co.jp

日本製の優れもの

なんか最近は中華の闇に毒されてしまい

Amazonで返品祭りでした。

とにかく精度が悪すぎるのと

国内法に準拠してない製品が多すぎる。

やっぱり日本製の安心感は良いです。

見かけだけじゃない製品

この商品、

最大の売りは豆の挽きやすさ、

そして味を最大限に引き出すサイズ調整機能でしょう。

細挽きから粗挽きまで小刻みに調整できますので、

好みに合わせて挽く事ができます。

セラミック製の刃できめ細やかに

挽いてくれます。

f:id:hiro9332:20210404142647j:plain

挽いてみる

ミニだとおおよそ2人分の分量を挽けます。

特筆すべき点は

結構細かく分解できるので、とっても洗いやすい事。

常に清潔に保てることは結構重要。

f:id:hiro9332:20210404142828j:plain

分解するとこんな感じ
清掃がほんと楽でした。

組み立て手順などは説明書にも書いてありますが、

下記のメーカーサイトの方が分かり易いです。

http://www.porlex.co.jp/specifications/coffee2.pdf

f:id:hiro9332:20210404144257j:plain

豆を挽く刃はセラミック製。

金属製に比べしっかり均等に挽ける

感じがします。

摩耗にも強そうです。

f:id:hiro9332:20210404142846j:plain

豆を入れて蓋をして

ハンドルを回します。

ハンドルが大きくて力が入りやすいからか、

回転はスムーズで引っかかりも無く感触が良い

f:id:hiro9332:20210404141524j:plain

 

f:id:hiro9332:20210404141529j:plain

これで中挽きぐらい

このままドリッパーへ入れられます。

f:id:hiro9332:20210404141549j:plain

 

f:id:hiro9332:20210404141507j:plain

 

f:id:hiro9332:20210404143325j:plain

このコンパクトさが良いのですが、

希望としては専用携帯ケースがあれば欲しい。

特にザックの中へ収まりの良いソフトケースならgood

大人の逸品として楽しめそうです。

 

注意!

今回の商品はmont-bellにて購入しましたが、

ネットショップではコピー商品が

出回ってるそうです。

注意してください。

火器を持ってく?

登山で火器を持って行きますか?

日帰りだと、山ボトルで十分ですが、

1泊だとちょっと欲しいと思うところ。

コーヒーを飲むにもお湯は必要です。

そんな時には定番ジェットボイル。

今更な話ですが、

これのパッキングの良さは魅力です。

燃料効率がいいので110タイプのガス缶でも

十分2泊テント泊行けます。

少々お高いですが、一つ持っていても損のない

アイテムですね。

f:id:hiro9332:20210404141616j:plain

 

f:id:hiro9332:20210404141606j:plain

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村