山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

蒲田富士

マイナーな山シリーズ

今回紹介するのは一般の人にはあまり知られていない

マイナーな山だけど存在感はある山。

蒲田富士を紹介します。

飛騨には二つの富士があります

全国的に○○富士という通称の山は多いですが、

飛騨にも富士と呼ばれる山が二つあって

ひとつは御嶽山の日和田富士と言われる山。

こちらはいわゆる俗称で正式名称は継子岳と言います。

御岳の岐阜県側にありチャオ御岳スキーリゾートが

あるところです。(現在休業中)

 

f:id:hiro9332:20210105204606j:plain

御嶽山の継子岳(日和田富士) 標高2858.9m

もう一つがこの蒲田富士(標高2,742m)です。

こちらは俗称ではなく正式な山名。

冬山における涸沢・奥穂ルートの通過点です。

この山は涸沢岳の西尾根に位置しますので

れっきとした穂高連邦の一部です。

この山だけを目的で登る人も少ないのではないか

と言うことで記録しました。

冬山のトレーニングとしては良い山だと思います。

f:id:hiro9332:20210105204426j:plain

こんな感じで登ります

f:id:hiro9332:20210105204320j:plain

登山ルートです

新穂高から右俣林道を進み、白出沢を超えた辺りから

尾根に取り付きます。

とにかく急な直登になりますのでなかなかハードです。

とくに雪が腐ってると歩きにくいので

ワカンを用意した方が良いでしょう。

途中は無積雪期は藪漕ぎが凄いので

冬季の方が向いている山です。

f:id:hiro9332:20210105204429j:plain

急傾斜が続く

幕営地は2,400m付近。

風が凌げる森林限界付近に張ります。 

日帰りも可能ですが、この時は一泊しました。

25㎏の荷物を背負っての登りは相当きつかった。

冬山は単独行よりパーティの方が、

荷物分散できて有利です。

f:id:hiro9332:20210105204414j:plain

幕営地

f:id:hiro9332:20210105204409j:plain

テント場から見える笠ヶ岳のシルエット

山頂直下一番上りが急な部分です。
こういった場所のフィクスロープは劣化してる

可能性が大きいので触らないに限ります

手掛かり足掛かりはしっかりしてました。

f:id:hiro9332:20210105204433j:plain

途中には岩場もあります。

下から見ると富士の形をした三容も、

ピークへ行ってみると長い台形の山頂でした。

この先は滝谷F沢のコルを経て涸沢岳へ。

f:id:hiro9332:20210105204422j:plain

平な山頂

しばし周辺を眺め

天気がいいときは最高の気分です。

冬は空気が澄んできれい

f:id:hiro9332:20210105204438j:plain

周辺の眺め

穂高連峰の御前に位置し

一般の方があまり登らないであろう山ですので

紹介しました。

 

yama-to-seikathu.info

 

yama-to-seikathu.info

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 優しい暮らしへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村