山登りと豊かな生活

気持ちの良い暮らしを目指して

4Kディスプレイ導入

外付けディスプレイを入れてみた

数ヶ月デスク周りのレイアウトは変えずにやってきましたが、

ちょっと入力用に大きなモニターが欲しくなり

今回、入れてみました。

私は映像編集とかはしないので、YouTuberさんみたいに

ウルトラワイドなモニターはいらないのですが、

やっぱり文章入力の際、一面で複数のページを開けて作業

したい時が多いのです。

 解像度の悩みと設置スペース

MacBookProのRetinaと言われるディスプレイは

非常に高輝度で発色も深みがあり優れたディスプレイです。

解像度は3,072x1,920ピクセルですので、

外付けのモニターで同性能を求めた場合、

UHD4K(3,840×2,160)が欲しいところ。

価格もFULL HDに比べ高額になりますが、

それより一番問題なのは設置スペース。

本来は4Kの解像感を満喫したければ27インチ

以上は欲しいところですが、そのスペースがありません。

私はモニターの片隅に観葉植物を必ず置きたい派で、

その方が仕事が捗るんです。

あと視線を動かす範囲と作業領域のバランスが取れたサイズが

この位かな?と思ってます。

 

FULL HDは

f:id:hiro9332:20201229175806j:plain

FULL HDディスプレイ

当初、FULL HD(1,920X1,080)でいいかと思い

I−O・データの 23.8型モニターを入れてみましたが、

やっぱり解像感に不満がありました。

これは最初から分かり切った話ですが、

細かい表示は設定で見や易いサイズにする事は出来るのですが、

荒い画面を細かく表示するのは無理です。 

この荒い表示というのが、

事の他作業する上で苦痛に感じられ、

無理と判断、結局4Kにしてみました。

購入したのはジャパンネクストのJN-IPS244UHDRという

比較的安価なモデル。

HDR対応の24インチの4Kディスプレイです。

問題点としてはモニターの解像度が増すと

文字やアイコンが極端に小さくなります。

そこでスケーリングの調整が必要になってきます。

f:id:hiro9332:20201229174951j:plain
f:id:hiro9332:20201229175044j:plain
左3,840×2,160  右2,560×1,440 擬似解像度によるスケーリング調整

実際24インチの4Kディスプレイってどうなの?

と少々不安はありましたが、

2,560×1,440の擬似解像度で設定したら

とても見やすく且つ画像も繊細に見られるようになりました。

f:id:hiro9332:20201229194914j:plain

試しにYouTubeで4K動画を見てみましたが、なかなかの画質(この画像は画面をiPhoneで撮影)

4K(3840x2160)解像度に対応したHDR対応IPSパネル24型液晶モニター。ブルーライト軽減モード搭載、フリッカーフリー設計。HDMIx3、Displayport(DP)x1ポート搭載。マルチウィンドウ機能(PIP/PBP)に対応。

 

アームによるデスク上の有効利用

ちなみに今回アームも新調しました。

アイオーデーターのものでDA-ARMS4です。

スペースを有効に使えるようにしました。

f:id:hiro9332:20201231144519j:plain

デスク上のスペースを有効に使えるアーム

初期不良発見

取り敢えずディスプレイについてはこれで決着

・・・の予定でしたが、ちょっと気になる点を発見。

画面左下の角が面取りしたみたいに丸い。

f:id:hiro9332:20201231125836j:image

 

他の角はこんな感じ

f:id:hiro9332:20201231125942j:image

 

出来たら交換を希望したのですが、

販売店のサポートでは

正月休み明けにメーカーと交渉する

との事。

相変わらずディスプレイは当たり外れが

大きい。

ひとまず、結果待ちですが、

交換不可の場合は仕方ないですね。

真ん中のドット抜けよりはまだマシか。

諦めてじっくり改革する予定です。