山登りと豊かな生活

気持ちの良い暮らしを目指して

男の武器・オプティマス スベア123R ~ ソロキャンにも

オプティマス スベア123R

テント泊での必需品

テント泊で山行をする場合に

どうしても必要なものが火器類です。

煮炊きから暖をる手段としてまで

活躍してくれます。

 

 

Amazon | OPTIMUS(オプティマス) ガソリンストーブ 123R スベア 1104 | オプティマス(OPTIMUS) | シングルバーナー

 

ガソリンならではのメリット

メインではガス式バーナーを使ってます。

ガスのメリットは手軽に扱えるところ、

あとは軽量化に貢献している所です。

一方、デメリットとしては

冬の寒さに弱い点です。

厳冬期のテント内では火力が上がらず苦労します。

ボンベを床や外気の冷えから遮熱しても

どんどん冷えていき火力が落ちます。

厳冬期用の高圧力タイプでも対策は必要です。

f:id:hiro9332:20201213215019j:plain

現在使っているEPIのREVO

 かつては愛用していた

 以前も私はガソリンバーナーを

いくつか持ってました。

MSRのドラゴンフライやオプティマスのノバ、

コールマン少々。

中でもMSRのウィスパーライト・インターナショナルは

結構好んで使ってました。

大きなメリットしては、

気温変化に強いことがありますし、

あとは冬山で使うカイロ

(ハッキンカイロとかZIPハンディウォーマー等)

と燃料を共有できること。

これらは大きなアドバンテージになります。

 

デメリットも理解しておこう

デメリットについても述べておきますと、

確かに寒さには強いのですが、

燃料及び本体が嵩張るため、携帯が楽じゃ無いのと

プレヒートと言われる暖機運転、

燃料ポンプの内圧を高めるためのポンピング

など一連の儀式が面倒臭く思われがち

ですので、スピードと機敏性を求める場合は

やはりガスの方が有利です。

 

大人の嗜好品

ただ個人的な考えでいえば、

一般的に言われているほど

扱いが難しくはありませんし、

慣れれば問題ないと思っています。

それどころか、その一手間が大人の時間を

演出してくれる事でしょう。

このスベアは、前から一度は

使ってみたいと思っていた逸品です。

f:id:hiro9332:20201213215013j:plain

金色に輝くスベア

構造的には至ってシンプルです。

ポンピングの必要がないのでプレヒートを

しっかりやる必要はあります。

私はポンピング無しの点火は初めてなので

少し緊張します。

 

実際使ってみる

 ちかくのキャンプ地にて使ってみる予定。

そのレポはまたの機会に

 

yama-to-seikathu.info