山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

登山に適した手袋の話

登山用手袋の話

寒くなりました

いよいよウィンターシーズンですね。

あまりの寒さに、

さっそく通勤用の手袋とマフラーを

引っ張り出しました。

 

ところで、いま所有している手袋は

ずいぶんと永く使ってるモノが多いですが、

一番しっくり来てないのが手袋なんです。

色々とシーンが変わるこの時期の山行では

オーバースペック気味のチョイスで

良いと思います。

冬の手袋の重要性は言うまでもありませんが、

使いやすさと防寒性能の高さは

比例しないのが悩みの種です。

夏山では

濡れることを想定すると、

綿の製品は避けた方が良い

と言われるけど、個人の見解として

夏山ではあまり神経質になる事も無い

と思ってます。(あくまで持論ですが)

 私は夏山ではほとんど手袋をしませんが、

1セットはザックの中に忍ばせています。

藪漕ぎがあるとか、道に迷ったとき

道なき道を進むとか

こんな時にはやっぱり必要

 

今手持ちのものは

薄手のもの

薄手のインナー+アウター

中厚のもの

分厚いものと冬用アウター(ゴアテックス)

ミトンインナー+アウター

その他フリースグローブ

etc

 

特に重要なのは

冬用のもので、ピッケルを握る手は

常に凍傷の危険にさらされています。

だからアウター+インナーの組み合わせで

予備を持参は必要です。

 厳冬期用のアウターはゴアテックスで、

表皮の厚いもの。

インナーは保温性に優れ

速乾性のもの。

テント用としてフリース素材のもの

があれば便利です。

マムート フリースグローブ

Polartec Thermal Proフリースと

言う素材を使ったグローブです。

山では速乾性の素材を使用したモノが

必須ですが、プラス保温断熱性にも優れたグローブです。

親指と人差指の間は合成皮革で補強してある。あとタッチスクリーンにも対応しています。

細かい事ですが、カラビナで引っ掛けれる

ように輪っか(ウェビング)が付いている。

重量は74g

一番お気に入りです。

f:id:hiro9332:20201216203600j:plain
f:id:hiro9332:20201216203552j:plain
一番お気に入り、フリースのグローブ

アンダーアーマー、ニットウールグローブ

これは通勤用として使ってます。

自転車に乗る時も使いますが、

適度に厚手なニットグローブなので暖かいです。

タッチスクリーン対応ぽいのですが、効きません

 

f:id:hiro9332:20201216203848j:plain

こちらはウール製、とっても暖かいがやや厚手

あとは結構長く使ってるものばかりです

 

ブラックダイヤモンド ゴアテックスグローブ

厳冬期によく使うのがこのグローブ

防水性が良いので雨でも使える。

難点はアウターが厚いので細かい作業がしにくい

(慣れの問題もあります)

カラビナの操作ぐらいは大丈夫

f:id:hiro9332:20201216205327j:plain

BDゴアテックスグローブ、インナーとアウター

モンベル ミトン(インナー+アウター)

f:id:hiro9332:20201216210518j:plain

ミトンはテントでの利用が多い

 

ミトンは指が密着するため、5本指に比べてとても温まります。

インナーは指が出せるような構造で使いやすい

 

その他

モンベルアウターとフリースインナー数種所有していますが、

季節と気候と山域によって使い分けています。

やはり複数組み合わせ出来るものが使いやすく、

濡れてしまった際のバックアップは持つべきです。