山登りと豊かな生活

気持ちの良い暮らしを目指して

冬山の必需品 サーモスFFX-501

サーモスFFX-501

厳しい環境で真価を発揮する山専ボトル

冬山の厳しさ

冬になりますと暖かいものが

恋しくなります。

ましてや氷点下の世界になれば言わずもがな。

北アルプスの2,500m辺りの真冬の気温は

平穏時でもマイナス10~15℃くらい。

特に夜間などは、

テントの中の飲み水も凍ってしまいます。

それを防ぐために、シュラフの中に放り込んで

寝たりしたものです。

 

3,000m稜線では更に気温が下がりますが、

一番怖いのが稜線を吹抜ける風。

冬は風速20m以上になる事が

珍しくありませんが、

風速1m吹けば体感温度は1℃下がります。

長時間の冬山山行では

防寒はしていても体の芯まで

冷えてしまいます。

そんな冬山に絶対必要な物の一つが

保温ボトルです。

朝、テントでお湯を沸かして入れて

行動開始すれば1日は十分に持ちます。

 

 苦楽を共にした旧山専用ボトル

私が愛用していたのが、

サーモスの山専用シリーズ初代。

(底面のラベルにはFOM-501と記載あり)

10年前から昔のモデルを使っていました。

表面はボコボコですが、今でも現役で使えてます。

しかし今の保温ボトルは保温性能が凄いということで

今回リニューアルしました。

今回購入したのはサーモスFFX-501です。

500ml、重さは約280gです。

f:id:hiro9332:20201206225335j:plain

ボトル本体とカバー

 カタログスペックが凄い

メーカー公称スペックでは、

環境温度20℃で湯温95℃の湯が

6時間後77℃と謳っています。

保冷については

4℃以下の水が、室温20℃で6時間後に

10℃以下となってます。

サーモスブランドの中では

一般の製品は保温性能は65℃〜70℃

位ですので、とても高性能と言えます。

 

構造は

本体の構造は写真の様になってます。

この3ピースは昔から変わりませんが、内蓋の開け方は

より熱が逃げにくい構造の様です。

 

個人的な感想ですが、

山では直接口へ運ぶタイプよりは

コップ式の方が使い勝手も良いです。

また衛生上も好ましいでしょう。

f:id:hiro9332:20201206225339j:plain

本体の構造

登山用語?テルモス?サーモス?

余談ですが、

私が山を始めた頃、サーモスのことをテルモス

と呼んでいた記憶があります。

当時は会社名を誤読してるのかな?

と思った物です。

巷には諸説にはあり、

テルモス=魔法瓶と言うことなのだが、

実はギリシャ語の熱を意味する「Therme」

が語源らしく、ドイツ語読みではテルモスなのだとか。

明治時代、日本で初めて販売された魔法瓶が

この「テルモス」で、当時の社名テルモス

が定着したと思われます。

その後、英語読みのサーモ(サーモス)

へと変わったとの事です。

100年以上の歴史がある会社らしい

エピソードですね。

 

FFX-501と旧山専ボトル

f:id:hiro9332:20201210032113j:image
f:id:hiro9332:20201210032107j:image

実測してみました

この商品、その辺のお店ではあまりお目にかかりませんが、

登山用品店に行けば確実にある商品です。

街用のそれとは一線を画する性能を試してみました。

昨今のコロナ流行でなかなか山には行けませんが、

自宅の冷蔵庫(冷凍庫)で実証です。

 

測定環境

まずは環境説明

冷凍庫内温度は−23℃

その中に24時間入れておき、翌日の温度を

実測しました。

f:id:hiro9332:20201213112534j:plain

冷凍庫内は−23℃、過酷な条件です。

 

 

f:id:hiro9332:20201213114624j:plain

旧製品 、スタート時

f:id:hiro9332:20201213114710j:plain

新しいボトルFFX-501、スタート時

 

冷凍庫へ入れて24時間様子を見ます

f:id:hiro9332:20201213111526j:plain

冷凍室で24H測定

 

結果は

水温を測ってみると

 

f:id:hiro9332:20201213114807j:plain

旧山専用、24H 後

f:id:hiro9332:20201213114903j:plain

新しいボトルFX-501、24H 後

 −23℃の環境下での性能試験(24時間)

-23℃での24時間の温度変化

FFX-501は95.9℃ ⇨ 38.6℃

 

旧製品 94.4℃ ⇨ 28.4℃

 

10℃の差がありました

実際飲んでみると 

旧製品はほぼ水に近かったですが、

FFX-501は約40℃のちゃんとしたお湯でした。

−23℃という環境を考えれば凄い性能です。

寒い山の中で心と体を温めてくれる

山専ボトル

いろんな山で良き友となりそうです。

※もちろん街でも威力発揮しますよ

 

www.amazon.co.jp


登山・キャンプランキング

にほんブログ村 アウトドアブログ アウトドアライフへ
にほんブログ村

にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村