山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

1級管工事施工管理技士 記述参考資料⑤ (施工管理編)

目次

1級管工事施工管理技士① (実技試験・記述参考解答)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料② (工程管理編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料③ (品質管理編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料④ (安全管理編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料⑥ (試運転調整・自主検査編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料⑦ (現場受取検査編)

 

 

施工管理とは

工程の部分と少し似ていますが、

円滑に作業を進める為の計画と言えるでしょう。

 実際、施工が始まると色々な計画変更、

それに伴う調整等が必要になってきます。

それを管理監督するのが、

有資格者の責務でもあります。

 

特に重要と考えた事項

 「〇〇のため」

1、建築工事との並行作業

2、作業員の手間待ち・手戻りの防止

3、公道の開削工事

4、現場運営計画としての土木工事との輻輳作業

5、現場運営計画としての土木工事との出合い帳場

6、関連他作業との工事調整

7、近隣障害対策、不同沈下対策

8、事前調査結果からの地下水位対策

9、短期工事

10、給排水給湯設備の性能・機能の向上を図る

11、建築工事との輻輳作業

12、短期工事での建築工事との取合い調整

13、綿密な作業の実施と、その効率化

14、短期工事での入念な作業量算出

 

「〇〇に留意した」

1、現場監督員同士の綿密な打合せを行い、工事の進め方と安全対策の明確化

2、綿密な工程計画と、資材調達計画の立案

3、綿密な資機材搬入時期の調達計画

4、適正な歩掛りにより平均施工速度を算出した、工程計画の立案

5、経済性を考慮した配員計画

6、労働災害・公衆災害を防止する安全管理計画

7、綿密な他業者との工程調整の実施適正な歩掛による工程計画

8、詳細な安全管理計画の立案

9、施工図、製作図による品質管理計画の確立適切な現場運営計画

10、基本計画としての工程計画、仮設計画の立案

11、施工工法の選定計画と、採算性を考慮した原価管理工程計画の立案

12、資機材調達計画の立案と、安全管理体制の確立

13、工程計画、資機材調達計画の立案施工図、施工要領書の作成

14、労働災害防止としての現場管理体制の確立と、安全管理計画の立案

15、環境対策としての掘削機械の選定計画、仮設計画の立案

16、輻輳作業における安全管理計画、合理化を考慮した配員計画

17、綿密な作業量の割出しによる工程計画の立案

18、資機材一覧表、実行予算書、総合工程表による資材労務計画の立案

19、綿密な資材労務計画の立案による、機器・材料・作業の調整

20、設計図書の確認による綿密な施工図の作成、それに伴う工程計画のチェック

21、綿密な事前調査による、安全管理計画の立案

22、完成時の使い勝手を考慮した、施工図の作成、品質管理計画の立案

23、搬入資源の合理的な運用を考慮した、配員計画と工程計画の立案

24、現場運営計画としての、現場管理体制の確立

25、作業員・機械器具・資材の調達計画の立案

 

「措置・対策」

1、安全作業標準書の作成

2、作業員の連携強化、幅輳部分における注意点を明示

3、マンネリズムを回避

4、道路管理者・所轄警察署長の指示に従い、安全施設、仮設備を設置

5、マンネリズムの排除と作業員の連携強化を図る

6、労働災害防止に重点を置く作業標準を確立

7、作業の無理、無駄、むらを排除

8、電気工事との取合いも考慮して作業標準を作成

9、チェックシートによる管理手法を採用

10、職長の権限を明確に文書化して、作業員に周和徹底を図る

11、実行可能な作業標準を立案

12、設計図書、仕様書に基づき、基本項目に使い勝手を考慮

13、施工図、施工要領書に明記

(各種配管の布設勾配、接続方法)

14、製作図を照査して不具合や遺漏がないかを確認

15、設計図書、仕様書により、重要項目を確認

(納まり取合関係、据付・取付関係、インサート・スリープの位置関係)

16、安全朝礼や安全ミーティングの実施

17、作業手順・注意する点を作業員に周知徹底

18、その日の作業手順や注意する箇所を作業者に周知徹底

19、作業者との綿密な対話を図り、安全態勢を確立

20、作業手順や注意する点を周知徹底

21、作業者との対話機会の拡大を図り、安全態勢を確立

22、通勤通学時間帯を避けて作業時間を設定

23、安全施設、仮設歩道、交通整理員、仮設信号の配置計画を立案

24、安全点検の実施計画の確立

25、KY活動の立案と、作業員の習熟度に合わせた作業班の編成や適正配置の立案

26、作業のマンネリ化や安全意識のゆるみを防止

27、Y. K活動や作業員相互監視により、マンネリズムの排除

28、提案箱の設置をしてポトムアップ制を導入

29、作業員同士の対話機会の拡大を図り安全態勢を確立

30、工程の詳細打合せにより、建築工事との調整ミスを防止

31、資材調達をスムーズに行い、過剰な制限を回避

32、資材メーカーとの日程調整、余裕のある調達計画の立案

33、資機材搬入の遅延による稼働率の低下を防止

34、メーカーと資機材搬入時期を再確認し、工程表に明記

35、先行作業、後続作業、関連他作業との時間見積りを明示

36、綿密な工程調整を行う

(天井高、天井内の有効寸法、トレンチ・シャフトの位置と有効スペース
などの建築業者と詳細打合せ、幹線の位置と大きさ・保守点検の位置関係
の設備業者との打合せ)

37、建築工事の現場代理人と総合工程表によりエ程調整を実施

38、部分工程表、詳細工程表の作成と、それに墓づく作業班の編成

39、建築工事(仕上げ工事)との並行作業の調整計画

40、工程表作成について綿密な打合せを実施

41、手直し、手待ち、手戻り作業が生じないように作業班を編成

42、熟練工を中心とした、積極的な作業のできる環境づくり。

43、収益基盤の強化を図る

44、施工経験に基づく作業員の熟練度を考慮して、作業班を構成

45、手 持 ち 機 械 ・ 器 具 の 合 理 的 な 配 分

46、作業員の一日動員数は均一にして技術力を集約

47、作業の無理・無駄・むらを排除

48、各施工段階における検査に要するロ数を考慮

49、完成時の総合調整用の人員と目数を見込み、工程計画に反映

50、配管技能士や熟練工を中心とした作業班を編成

51、施工体制と技術指導の強化を図る

52、各作業班毎の安全ミーティングを実施して、作業員の士気の高揚を図る

53、現場管理体制の機能の強化を図る

54、作業員の技術力を活用するため作業班を3名3班に編成し、機動力を確立

55、建築工事と輻輳作業を考慮して、

56、工程の進捗に伴う作業班の編成は、技術力、施工経験豊富な者を中心に配置

57、作業の合理的な配分を工程計面に盛り込み、無理・無駄・むらのない施工体制を確立

58、施工図、施工要領書に重要事項を明記 (建築、他設備工事との寸法的な納まり、施工上の納まり)

59、仮設計画としての資材一覧表の作成

60、交通安全対策用と工事用に分別を行い、使用期間を明確化

61、万全な体制を実施

62、チェックリストの作成

63、漏水防止、吸引作用(エジェクタ)を重点項目として確認

64、管接合部(メカニカル接含)の可とう性、伸縮性、緊密性の容易な確認を実現

65、資機材発注一覧表の作成

66、工程計画に基づく詳細な資材調達計画の立案

67、管途中や第ぺい部分における満水試験や通水試験のチェックシートを作成

68、建築工事業者の総合工程表と、当社の工程表を照査

69、幅輳する施工部分を減らす工程調整を実施

70、仮設資材一覧表の作成

71、保安施設や土留支保工部材などの必要数量を割出し、機動的に供給する仕組みを確立

72、総合工程表に基づき、幅輳する詳細な部分工程表を作成

73、安全作業標準である安全朝礼、安全ミーティングの実施

74、作業員の安全意識の高揚、作業態勢の安全強化を図る

75、建築工事との並行作業の調整計画を立案

76、建築の総合工程表を照合した詳細工程表、部分工程表の作成

77、設計図書・仕様書に基づき、旛工図・施工要領書を作成

78、作業員の技術、経験、性格などを考慮して工事組織を編成

79、資機材使用一覧表を作成し、発注先の仕様書、図面、見積書の内容を確認

80、特別資材及び一般資材の納期の綿密な打合せを実施

81、詳細工程表は出来高工程曲線図として進捗度合いを把握

82、部分工程表に資機材搬入日や配員を明示し効率化を図る

83、ネットワーク工程表の作成

84、契約工期に基づき1点見積りによる各作業の日数計算を実施

85、先行作業、並行作業、後続作業を明記

86、各作業者間の相互関係を明確化し、必要資材、作業員の合理的な分配を実施

87、工期と作業量、工費の検討を実施

88、資材調達時期、作業員の記員を明確にして、管理の合理化を図る

89、重点管理を実施し、遅延に対する処置、工期に影響する作業の明確化を図る

90、フロートを使用し、所要人員・機械・資材の量の平均化を図る

91、作業員の有効活用や在庫数量を把握

92、工期に影響する作業や作業進拶度を明確に把握

93、使用機材、作業員についての利用計画を立て、コストダウンを図る

94、工程進捗に基づく弾力的な作業員の配員計画を立案

95、パートマンスケジューリングの実施

96、資機材調達をスムーズに実施

97、作業員、資材・機械の平均化と、稼働率の向上を図る

98、作業員の稼働率の向上を図る

99、配員の平均化、管理の合理化を図る

100、契約工期に基づき、各作業に要する日数見積りを実施

101、当工事の手持ち資機材数量から、2工区同時施工を立案

102、細部工程表により、総工事量より1日当りの必要作業員を算出

103、各種申請、試験、検査に要する日数、試運転調整、駄目回りなどに要する日程には、余裕日を考慮

104、長年培ってきた総合力、技術力や製品化のデータを計画立案に反映

105、事前調査を綿密に行い、設計図書、仕様書等の契約条件の検討を実施

106、工事の順序と施工法の基本方針を決定

107、建築工事との工程調整を綿密に行い、上下作業を回避

108、作業員一人ひとりの意見を取り入れる体制を整備

109、資機材調達計画は、近くの空地を借り保管場所を確保することで、作業の効率化を図る

110、公道の掘削工事に伴う片側通行部分に、道路管理者、所轄警察署長により、道路占用許可、 路使用許可に基づく 安全施設、 仮設信号、 仮設歩道を設置計画

111、軟弱地盤改良工法として、石灰安定処理工法、置換工法を探用する計画

112、ウェルポイント工法による地下水位を低下させる計画を採用し、コスト抑制に努める

113、軟弱地盤部分は石灰安定処理工法、良質土との置換工法を採用する計画

114、掘削機械は防音型を使用することで、騒音、振動の軽減を図る

115、土留支保工の鋼矢板打込み、引抜き作業は、圧入式くい打ち機を採用

 

文章をイメージしましょう

施工管理はより具体的な記述が求められます。

この例文をもとに、

日頃の実務上でも、少し頭に入れながら

記述作成するとスムーズに書けると思います。