山登りと豊かな生活

気持ちの良い暮らしを目指して

1級管工事施工管理技士 記述参考資料④ (安全管理編)

目次

 

 

1級管工事施工管理技士① (実技試験・記述参考解答)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料② (工程管理編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料③ (品質管理編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料⑤ (施工管理編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料⑥ (試運転調整・自主検査編)

1級管工事施工管理技士 記述参考資料⑦ (現場受取検査編)

 

 

  

安全管理について

安全管理は昨今特に重要度を増しています。

この業界に至っては、

毎年不幸にも事故で命を落とされる方が

非常に多いのが現実です。

みんな人間なので、

どうしても仕事の量とのバランスにより

焦りや苛立ちが出ます。

それは危険行動や注意力の低下という

結果を招くのです。

管理する人間としては、

声高に安全を称えるだけでは無く、

やっぱり無理や焦りを誘わないように

計画と管理する事が重要になってきます。

 

特に重要と考えた事項

A .  「○○のため」

 

1、歩道・車道を開削しての工事

2、建築工事の仕上工程との調整作

3、業輻輳作業や上下作業が頻繁になる作業

4、建築工事との輻輳作業

5、関連他業者の土木工事業者との輻輳作業

6、建築工事および関連設備工事との輻輳作業

7、関連他業者との輻輳作業

8、2ヶ月間の短期工事であり、輻輳作業

9、道路掘削の必要性

10、公道を掘削する工事道路掘削を伴う作業内容

11、安全管理の実態が、単なる規制の強化になるのを防止する

12、狭あいな場所での他業者との同時作業

13、高所作業が関連他業者との輻輳作業

14、現場馴れからくる油断や小さなミスの防止

15、労働災害の発生、工事の遅延など、多大な損害の防止

16、小さなミスの繰り返しによる大事故の発生防止

 

B . 「○○に留意した」

1、労働災害の防止

2、強制的安全対策ではなく、作業員の自主性・創造性を引き出す安全対策

3、道路管理者・所轄警察署長の指示に従い、公衆災害防止

4、現場慣れからくる安全意識のゆるみや、作業のマンネり状態による事故防止

5、労働災害を防ぐための作業方法や工程調整工事労働者間における連絡体制の強化

6、綿密な工程調整を行い、労働災害防止工程遅延防止を図り、労働災害防止

7、公衆災害防止と労働災害防止

8、公衆災害防止を重視した安全管理体制の確立

9、安全管理体制の確立

10、労働災害防止と安全管理体制の確立

11、作業調整、協力体制の確立による労働災害防止

12、工事内容に応じた技術力を有する作業班の編成による安全管理体制の強化

13、安全作業標準の確立

14、チームワークよる安全施工の体制作りや、作業環境の整備

15、作業調整に重点を置くとともに、作業員の安全作業への取組み強化

16、マンネリズムによる労働災害の防止

17、事例研究による危険予知トレーニングの励行
18、建築工事との共同作業の重要性を認識し、連携強化に基づく安全対策
19、墜落事故などの労働災害防止
20、安全管理標準の確立による重大事故の回避

21、マンネリ作業の防止と、作業員の安全意識の高揚
22、安全管理体制の確立と労働災害の防止

と っ た 措 置 又 は 対策 


「 措置 ・ 対 策 」  
 

1、安全朝礼、安全ミーティングの実施

2、作業手順や危険箇所の周知徹底を図る

3、労働意欲を高める

4、工程進捗状況により変わる輻輳箇所を周知徹底

5、作業者の意見を取り人れてやる気を促進

6、マンネリズムを排除してミス防止を図る

7、その日の作業手順や注意する点を作業者に周知徹底

8、作業者との対話機会の拡大を図る

9、未熟労働者への安全教育を実施

10、未熟労働者の育成、作業手順・危険作業の明示を周知徹底

11、安全の基本動作を総点検

12、作業員一人ひとりの意見を取り入れ、労働意欲を高め、マンネリ状能を回避

13、毎日の作業手順や注意する箇所を、作業者に周知徹底

14、作業員一人ひとりの意見を取り人れる

16、安全対策に対する意欲の高揚を図る

17、その日の作業手順、安全重要項目を作業員に周知徹底

18、安全設備の配置、仮設歩道の整備、土留支保工の点検を励行

19、工事進搾に伴い日々変わる危険箇所を確認し、マンネリズムの防止を図る

20、作業員の安全意識の高揚、安全対策の向上を図る

21、安全点検に重点を置き、作業の連携を喚起

22、作業員全員に参加意識を持たせ、安全管理活動の定着を図る

23、その日の作業手順や作業上の危険箇所を明示

24、工程進捗に伴うその日の作業手順や危険作業を明示

25、作業者への周知徹底と、作業者自らの責任感の維持を図る

26、作業員一人ひとリの意見聴取

27、作業改善や作業環境の整備に反映させ、労働意欲の高揚を図る

28、作業者との対話機会の拡大を図り、現場慣れからくるマンネリズムを排除

29、作業員一人ひとりの意見を作業改善策や作業環境の整備に反映

30、安全に対する質的レベルの向上、チャレンジシップの高揚を図る

31、作業員を中心に行い、それぞれの持ち場で気づいた事を発表

32、作業改や作業環境の整備に反映させ、全員の参加意識を高揚

33、作業員自らの問題として安全意識の高を図り、連携強化を図る

34、その日の作業内容、危険な箇所の明示と対策について、職長を中心に実施

35、作業員の意見を優先して取り上げ、労働災害の防止を図る

36、工事の進捗により、作業手順、危険箇所の明示を作業者に周知徹

37、作業日毎に励行し、始業時の事故を防止

38、全作業員に参加意識を持たせ、やる気を

39、喚起作業員との会話と意思の疎通を重視

40、安全意識の高揚や自覚の強化を図る

41、作業班の機能の活性化を図る

42、労働災害防止意識の徹底を図る

43、安全重点実施項目を周知徹底

44、作業員相互の協力体制を確立、一人ひとりの意見を採用して意識を高揚

45、ケーススタディによる事故例により、K. Y. K方式を採用

46、建築工事や関連他作業との上下作業を回避

47、作業者相互が注意し合う作業環境を確保

48、安全ミーティング、動を頻繁に実施

49、マンネリズムの排除、施工ミスや欠陥の防止、労働災害の抑制を図る

50、安全朝礼・ツールポックスミーティングの実施初歩的なミスの防止

51、危険箇所の明示、安全の基本動作の総点検を実施

52、第三者を優先する作業方法を作業者に周知徹底

53、安全施設、仮設信号、仮設歩道を適正に配置

54、作業員の安全対策に対する意見や考え方を取り上げ作業改善に反映

55、作業員全員の参加意識を高揚

56、作業内容と進め方を話し合い、安全管理を効果的に促進

57、現場からの声を反映させ作業員のやる気を促し、マンネリズムの防止を図る

58、安全対策について作業員との十分な話し合いを実施

59、作業員の意見を取り入れ、やる気を促し積極的な取組みを図る

60、作業上危険箇所の明示、対策を作業員に周知徹底

61、安全管理活動の実施

62、安全朝礼、安全ミーティング、安全点検を行い、事故を未然に防止

63、安全活動について、全作業員に参加意識を持たる環境づくり

64、安全朝礼、安全ミーティング、安全点検、安全工程打合せの実施

65、職長による作業中の指導、現場巡視を作業日毎に実施作業者との対話機会を拡大

66、現場の意見を取り入れ、安全に対する意識の高揚を図る

67、作業員一人ひとりの意見を取り上げるフィードバックシステムの拡充を図る

68、作業員一人ひとりの安全に対する意見を聴取

69、作業員の意見を安全対策に取り入れやる気の促進を図る

70、各々の施工段階において責任範囲を十分自覚させ、連帯性を維持

71、現場からの意見を取り入れ、フィードバック

72、チェックシートによる総点検の実施足場の作業床を常に点検

73、安全帯等保護具の使用状況や不安定状態での作業の改善

74、安全作業標準書により、掘削機械の誘導員の配置、仮設歩道の設置

75、現場巡視により、安全基本動作の確認

76、安全点検はチェックシートで行い、不良箇所や危険箇所を改善

77、危険作業については、注意し合う連携強化により改善を図る

78、チェックシートにより現場巡視を行い、 ミスを防止

79、全作業員に安全に対してどう考え、どう行うか、自らの問題として喚起

80、安全点検整備を励行

81、現場巡視により、不安全作業の是正、作員の連携強化を図る

82、マンネリ状熊を排除して、公衆災害を未然に防止

83、安全点検のチェック機能を高める

84、作業員による相互指摘や、相互監視によりやる気を促し、事故防止を図る

85、監視人や誘導員の適正な配置

86、危険箇所の明示や作業者の意見を取り入れ、やる気を促進

87、発注者、関連施工業者からなる連絡会議を常設し、必要な情報交換を行う

88、非常時における臨機の措置をあらかじめ定め、普段から徹底する

89、関連他業者の土木業者現場代理人との工程表に基・づく、細部打合せの実施

90、輻輳箇所について作業者に周知徹底

91、作業員相互の監視体制を整え、現場の声を反映

92、小さなミスによる重大事故の防止を図る

93、第三者を優先する施工方法、注意事項を褻起

94、工程と安全管理が一体となった施工体制を確保

95、掘削部分は安全施設の設置、交通整理員の記置により危険要因を排除

96、チームワークよく安全な施工ができる体制と作業環境を整備

97、安全協議会にて、建築工事と幅輳する工程を調整し、詳細工程表を作成

98、上下作業の回避、仮設備の使用方法、安全対策などを徹底

99、配管技能工を職長として作業班を編成

100、熟練工、配管技能士を中心にした作業員への技術指導の実施

101、小さなミスに起因する大事故の防止を図る

102、建築工事の総合工程表との照合により、

103、上下作業や輻輳作業を回避する作業調整を実施

104、現場からの意見を取り入れ、工程管理と安全対策の一体化を図る

105、合理化施工の実施と、安全点検の励行

106、関連他業者と打ち合せを行い、作業調整をして軽輳する作業を回避

107、相互協力と連携により事故を防止

108、他業者の現場代理人との綿密な打ち合せの実施

109、幅輳作業時の監視や、協力の枠組み作りの明確化を図る

110、土木業者の現場代理人と工程表に基づき、綿密な打ち合わせを実施

111、高所作業者には、安全帯等保護具の使用を徹底

112、足場を設け作業床、手すり、防護ネット、昇降設備を確保

113、関連業者との作業調整により、上下作業を回避

114、作業者一人ひとりの安全に対する自覚と作業の連携を強化

115、作業員の考え方や意見を取り入れ、労働意欲の高揚を図る

116、地区住民の工事への理解と協力を得る

117、工事内容、工期、工事区間、安全対策などの地区集会による説明実施

 

ご覧頂き有難うございます。

次回は、施工管理編です