山登りと豊かな生活ブログ

気ままに生きたい人間の日常ブログです。

魅惑のスリーブケース〜国立商店の職人が作るレザーケース

国立商店の職人が作るレザーケース

現在はノートパソコンとタブレットを併用しています。

iPadはキーボードfolioを装着して使用している。

一応これ自体がカバー代わりになってます。

移動時もそのままで問題はなかったんですが、

どうせなら大人っぽい方がいいよね。

使う度に満足感を得られるスリーブケースが欲しくなりを購入しました。

 

 値段的にはやや高めですが、その質感や丈夫さから

前回、MacBook Pro用でお世話になった国立商店さんの

レザーケースにしました。

 

●ブライドルレザー

 買ったのは、イギリス産のブライドルレザーを使ったもの、

色はブリティッシュグリーンとしました。

 

写真では真っ白な色ですが、これはブルームと言う

革に塗り込めたワックス成分は表面に出た物です。

革自体にワックスが染み込ませて熟成させてますので、

ブルームが取れた後にピカピカの緑色が出てきます。

使うほどに味が出てきるので楽しめます。

落としても落とさずに使ってもどちらでも良い

との事なので、取り敢えずこのまま使おうかと思います。

f:id:hiro9332:20200614144213j:plain

外箱

f:id:hiro9332:20200614144324j:plain

MacBook Pro用(右)iPad用(左)

 

●iPadを入れてみよう

では、スマートキーボードfolioを装着状態で入れてみます。

f:id:hiro9332:20200614144433j:plain

今回のケースとキーボードフォリオ

使い始めの革製品は伸びていないので

入れるのも硬めです。

ペンシルを挿して収納する輪があるのですが、ここへ挿すと現状本体と

ペンシルが干渉します。

しかし底の部分にはゆとりがあり馴染んできくれば

本体が奥まで入り、ペンシルも所定の位置に納められると思う。

それまではiPad本体に取り付けておくのが良い

(こっちの方が使いやすいかも)

f:id:hiro9332:20200614144348j:plain

使い始めはペンシル刺しを使うとiPad本体と干渉する

f:id:hiro9332:20200614144357j:plain

底の部分には余裕があり、馴染んできたら問題は無さそう

 

これからしばらくこのケースの経年変化を楽しみたいと思います。

 

kawaya.com

yama-to-seikathu.info