名峰「笠ヶ岳」への登山を語る

スポンサーリンク
山を語ろう

名峰「笠ヶ岳」への登山を語る

県境を跨がない岐阜県の最高峰

笠ヶ岳は県境を除く単独峰として岐阜県の最高峰です。

標高は2,898mで「日本百名山」ですので、

知らない人は少ないかもしれません。

傘を大きく開いたような個性的な形で、

ほんとに良い山容をしています。

私が登山にはまってから最初に登った山で、

途中棄権という憂き目を見た山ですので強烈に覚えています。

とにかく傘新道はとても急登で。1500mの標高差を一気に登る登山道です。

 槍ヶ岳と同様にどこから見てもハッキリと分かる山容は

岐阜県側から見たランドマーク的な存在。

1683年円空上人が開山。

播隆上人が1823年に再興された。

登山ルートは

起点は新穂高温泉になります。

私がよく使うルートとしては、ワサビ平で一泊

翌朝早朝から行動スタートです。

ワサビ平は新穂高温泉から1時間で到着。

ここに小屋があることはとても都合よく

左股登山道での起点となります。

今回は東西南北からのアクセスのご紹介です。

主だったルートは

①傘新道から

笠新道は言わずと知れた「北アルプス三大急登」

私が初めてチャレンジして撤退した思い出のルート。

標高差1500mを一気に登ります。

②槍見温泉から錫杖岳経由

錫杖を通り笠へ伸びるルート。

やや谷沿い沢沿いを通るため荒天時は避けた方がいい。

大雨の時などは登山道も荒れ気味である。

③槍平から双六小屋経由で抜戸岳方面

登山初心者の方にはお勧めコース。

途中山小屋が点在し、力量に合わせて調整できます。

バリエーション

④穴毛谷、笠谷、打込谷

などがあります。

ちょっと面白いのは笠旧道

これは調査目的で立ちいったものですが、

かつて使われていて事故があったためルート変更になったもので、

国体の登山競技のために笠新道が設けられました。

山頂から見る槍ヶ岳は播隆上人が心惹かれたのも頷けるほど

美しい。

笠ヶ岳山頂よりの展望

播隆平

ルート変更される前の笠への登山道。

稜線からの下りは急ですが、カール状の平は歩いてて気持ちいい。

播隆平

いろんな角度の笠ヶ岳

山名の由来は傘を広げたような山容による。

あと、岩と緑のバランスが良く、

自分的には気持ちが落ち着く山容です。

笠谷

笠谷は笠ヶ岳北面より上り詰めるルートです。

もちろん一般ルートではありません。

一泊二日で山頂を目指し登りますが、結構大きな滝もあって

見所があります。

笠谷のルート図
大小の滝が行く手に現れる
巻く所もあるので注意

穴毛谷

名前の由来は各自で調べてください(大人なネーミングだこと)

日本近代登山の父・ウォルターウェストンは笠ヶ岳登頂の際は

この谷から登ったとされています。

ただこのルートは雪崩や落石、熊の棲家と

なかなか大自然を満喫できます。

穴毛大滝
[ssba-buttons]

コメント